カテゴリ:音楽( 139 )

何が何やら・・・の続き

DANCING SHIVA

小林太郎 / Driftwood Record


昨今の邦楽ロックって今時の若者達ですから
わりかし草食系な感じが多かったりするじゃないですか
かと思えば邦楽でありながらもはや洋楽とか

太郎ちゃんはそんな邦楽ロックシーンの中で
異彩を放っていると思うんですよ
がっつり肉食系で
なお且つ日本人的などこか懐かしい音なんですよ
荒削りながら肝の据わった音なんだな~

しかし何かの番組で音楽の聴き始めは
アジカン、BUMP、エルレをがっつり聴いてたから
そこらへんにも影響受けているみたいな事おっしゃってましたけど
どこにもそんな影響は感じられないよね(笑)

むだい

秀吉 / Lastrum


秀吉は力みのない声で
ちょいちょい心にささってくる歌詞とメロディなんですよね
しみじみと胸の中に納まっていく
明日も頑張ろうって気持ちになる

ARE YOU READY?(初回限定盤)

斉藤和義 / ビクターエンタテインメント


ま~自然体の人ですね(^^)
きっと彼はいつでも日々普通に暮らして
流される事無く
流されたとしてもフワ~っと流れに身を任せて
興味のあるものは普通に吸収して
普通に楽器を弾いて
楽曲を作り出すんでしょうね
奇をてらわず好きな物を好きなように作りだすんでしょうね
長く音楽をやっているのに
頑張ってやってます感のないせっちゃんってすごいですね

ところで彼は赤ちゃんがお産まれになったんですか?
たぶんそうなんでしょうね
おめでとうございます
こんなエロお父さんいいな~~(^^)

とげまる

スピッツ / A-hi Records


スピッツですよスピッツ
もちろん好きであります
スピッツってはずれが無いよね

「新月」なんかイントロのフレーズがほとんど全編通して流れていて
波のように心に押し寄せてきます
聴く人の気持ちに寄り添ってきます
誰にだって会いたい人がいるもんね

でもこういっちゃ何だけど私昔から
彼らの音楽ってワンパターンっちゃワンパターンとも思ってたんですよ
なのにどうしてこんなにどれもこれも良い曲なんでしょ
ワンパターンなのにいつも新しいんですよ
ギターだって特別これといった決めフレーズは少ないのに
リードギター弾きって目立とうとするのが多い中
案外控え目だったりするのに
どうしてでしょ
って今回じっくり聴いてみたんですけどね
スピッツってバンドの肝はベースだな!
ま~よく動くベースですね
ギター食っちゃうくらいよく動きます
改めてスピッツってすごいな~って思いました
・・・ってあれ?今更ですか?(^^;


あと全然関係ないけど
「いきものがかり」が最近よく出てるじゃないですか
彼らのことは結構好きなんですけどね
どうして二人ともギターなんですかね
アコギとエレキの違いはあれど
どうして?といつも思っちゃうんですよ
普通3人でバンド組んだらどっちかベースだろ
ギターやりたくてもどっちか折れるだろ
こいつらどっちも折れなかったんだろなと想像しちゃうんですが
真実はどうなんですかね?
ってまたどうでもいい事を書いてしまった(^^;
[PR]

by usaginokuniy | 2010-11-09 12:20 | 音楽

たくさん聴きすぎて何が何やらなお話

TOP OF THE FUCK’N WORLD

The Mirraz / mini muff records


なんつ~か、このバンド思ってたよりまとも。
もっとグチャグチャした音を出すバンドさんかと思ってました。
うん、まともだな
ってなんだ、この感想は・・・(^^;
もっと聞き込まないと好きか嫌いか判断つかないなって感じ

Minimal Maximum

iLL / KRE


これはまたどういうジャンルになるんでしょ
ミラーボールが回るクラブなんかで
踊ったほうがいいんでしょうか
ユラユラと音に身を任せてしまうのが良いんでしょうか
あれこれ考えずに聴けば良いのさ!って感じ

ZOOMANITY(初回限定盤)(DVD付)

a flood of circle / ビクターエンタテインメント


前作より聴きやすいかな
前の方がピリピリとしたものがあったような気がしたり・・しなかったり
ってどっちやね~ん(^^;
ま、このバンドはボーカルが私好みの顔なんで
生暖かく応援してますです(笑)

still a Sigure virgin?

凛として時雨 / SMAR


そんでこれがすごい
痛い・・・音が声が突き刺さる
攻撃性が内に向かってくるような
ほんとに雨が打ちつけるような
「凛として時雨」ってバンド名って改めてすごいな
そうしてギターの上手さったらないね
ドラムが上手いのは知ってたけど
すごいレベルの高いバンドだわね~~
と今更ながら関心しとります

ただ~~致命的なのは
ワタクシこのボーカルの声が苦手だってことだわね(爆)
女の子の声は許せるんだけどねぇ
残念だわ
ま、それを差っぴいても良いアルバムだと思いますです

って事で明日はアコスティック寄りなバンドさんの感想に突入予定
[PR]

by usaginokuniy | 2010-11-08 11:07 | 音楽

良い音楽だYO!

Documentary(初回生産限定盤A)(DVD付)

秦 基博 / BMG JAPAN Inc.


秦くんはもはやベテランの貫禄すら持ち合わせ
なかなかオールマイティになんでもこなす奴ですな~(^^)
安心して聴けますね
良いと思いますよ
思いますけど~~~
ラップにまで手を出すとは・・・・
も~~~こっち系には手を出すなってあれほど言ったのにぃ~~
お願いだから私が好きなアーチストさん達YO!
ラップは取り入れないで頂戴YO!

んで
待ちに待ったこれ

宇宙飛行士への手紙 / モーターサイクル

BUMP OF CHICKEN / トイズファクトリー


どこにだって一緒に行こう
何回だって話をしよう・・・・・

って誰とやね~~ん!(><)

すみません・・・発想が貧困で・・・(ーー;

いやいや・・・素敵です
素敵な楽曲が出来上がってきました
さすが私のダーリン(^^)

「モーターサイクル」はダメ人間さえも後押ししてくれる
厳しく優しい唄ですね

「good friends」はまた痛いとこをつきよるな~
そうだよね
私も「しない」です

ほんとBUMPっていろんな解釈の仕方が出来て面白い
いろんな答えで正解なようで
答えは一つなようで

さ、もっともっと聴こう(^^)
[PR]

by usaginokuniy | 2010-10-14 11:45 | 音楽

スペックの出しどころ

秋の3連休は皆さんどうお過ごしだったでしょうか?

ワタクシは姉夫婦が遊びにきたり
カラオケ行ったり
泥のように酔っ払ったり
記憶が無くなったり
記憶がないまま
あんかけ焼きそば作ったり
それがまた大変に美味しかったそうで
あ、ワタクシ食べた記憶が無いので
美味しかったかどうかは知りませんがね
泥酔した次の日は
酷い二日酔いの体を抱え
フラフラでライブ行ったり
息子が帰ってきてたりで
とても忙しい3連休でしたの

普段のワタクシでは考えられないハードな動きをしていたなぁ
と感慨深いものがあります
ま、人間は普段自分の能力の10%しか使っていないそうなので
記憶が無くなるほど酔っ払ったり
ライブなんていう異空間におかれたりすると
残りの90%の能力を発揮できたりするんでしょうね
スペックですねスペック(^^b (バカ)


さて誰のライブに行ってきたかと申しますと
ART SCHOOLの10周年ライブにsleepy.abがゲストという
非常にレアなライブでございます
ARTといえば引きこもりキノコちゃん率いる
他の追随を緩さぬネガティブさと過激さを兼ね備えたバンド

そしてsleepy.abといえば
類まれなる浮遊感と透明感を漂わせる
ジャンルわけも難しい北海道の人気バンド

この二つのバンドはいつか見てみたいと思ってました
いつか見てみたいと思って楽しみにしてたのに
前日の阿呆の子のように呑み過ぎたワタクシ
非常に体調が悪かった
ほんとに大バカものでございます

sleepy.abの時なんて倒れるかと思ったかんね
sleepy.abの演奏で倒れる子がいるとは聞いてましたが
ワタクシ二日酔いで倒れそうだったかんね
必死で頑張ってsleepy.abを堪能いたしますた

成山くんの声は彼から出てるんじゃなくて
会場全体が鳴ってる感じがしました
包まれました
何なんでしょうねあの感覚は
すごい秘密の技を持ってるんでしょうか
楽器と声が渾然一体となってね
これはロックなんだろうか
やっぱsleepy.abはジャンルわけが難しいですね
しいて言えばsleepy.abというジャンルだと思います

けんすけ君とやらがARTの戸高君とエフェクター話で
盛り上がったてたってお話してました
以前にも戸髙くんにエフェクターを作ってもらったらしいですね
接点なさそうな感じのバンドだけど
そういう繋がりがあるのね
んで今回も何か頼んだら
部品がないからって体よく断られてたって成山さんが言って
だいたい物を貰ったら何かお返しするのが礼儀だけど
お前に何か返すものがあるのか?って
成山さんがけんすけいじりをしてました(笑)
いつもあんな感じなんでしょうかね
ほわんとしたmcでしたよ

あとsleepy.abのライブの時
ARTのメンバーがちょこちょこ会場に下りてきて
ライブを見てました
ベッシーホールの会場はちょっと変わってて
ホールの中二階くらいの所に壁にポカンと楽屋のドアがあって
そこから階段が伸びていて
出入りがはっきりと見えるんですよ
あ、きのこちゃんが出てきたとか
戸髙くんが降りてきたとかすぐ分かるの
戸髙くんの美しさに驚きましたよ
すごい綺麗な顔ね
色白いのね~~
ARTのライブのときは成山さん達が降りてきて見てたりね

sleepy.abのライブは50分くらいだったかな
機材交換して7時45分くらいからARTのライブが始まって
終わったのは9時20分くらい
アンコール2回でなかなか盛り上がったライブでした
キノコちゃんは小さいねぇ
すごい貧弱な子供みたいな体系ね
ギターが大きく見えるもんね
それなのにすごいパワーを持ってます
あの体のどこに
ここまでライブを引っ張っていくパワーがあるのかと驚き
ステージ上のキノコちゃんにはダイソン並みの吸引力がありました
ステージから降りたらちっちゃいのに
mcとか全然下手なのに
戸髙くんがけっこう喋ってたけど
ってかキノコちゃん全然喋れないのね(笑)
あの人から唄を取ったら何もないんだろうな
ギター弾いて唄ってるときだけ
音楽にかかわっている時だけに能力を発揮するんだろうな
スペックだな
普段の能力以上のことをしてるんだな(爆)

ってな感じでライブ終わったころには
お酒も抜けてすっきりしましたが
今度は腰が痛い痛いと言いながら帰ってきました
スペック使いすぎると反動で後が辛いんですね

あ、お客さんでボーダーTを着ている人って
やっぱりsleepy.abファンなんですかね?
どうして成山さんはボーダーしか着ないんでしょうね??
[PR]

by usaginokuniy | 2010-10-12 09:50 | 音楽

オニィには驚かされますたの巻~

昨日はね
ライブ行ってきたんですよ
Nothing's Carved In Stoneのライブですよ
村松くんの声が好きでねぇ
次男を無理やり誘って
札幌ペニーレーン24までスタコラサッサとね(^^)

チケット完売にもなってなかったんで
どうなのかしらって思ってたんですけど
始まってみたらお客さんわらわらと入って
けっこう一杯でしたね
でもまだ入れただろうに来なかった人はもったいない事しましたよ
とても良いライブでしたからね(^^b

一曲目は新しいアルバム一発目の
Chaotic imaginationだったかな
もう最初からダイブがすごくてね
村松くんがどの曲でもサビの前あたりになると
あちこち指さして
「ほらほらいくぞ~そこもここも用意はいいか?」的に
合図みたいな視線を送るんですよ
んでさびに入ったと同時にダイブ~~みたいな(笑)
男の子から女の子までごろんごろんと

私は真ん中らへんの端で見てたんですけど
ダイブ終えた若者が私の横を走って戻って
またダイブみたいな
見てると面白かったですよ
みんないい顔してるんだ
私は心の中で
「お帰り~いってらっしゃ~い」って(笑)

大好きなnovember 15thやらDiachronicやら
sunday morningなんちゃらも聴けたし
ツアータイトルが新しいアルバムのタイトルになってはいるけど
前作からもかなりやってくれて良かったです
Isolationなんかイントロだけでご飯が何杯でもいける感じだもんね
おおむね前作のほうが特徴のあるイントロだったりフレーズだったりで
印象が強い感じがしますね
あ、中盤に「バラ色の日々」やりました
ちょっと得した気分
これやってくれるとは思わなかった
ひなっちのベース炸裂ですぜ

ダイブはんぱないしサークル出来上がってたりで
激しいんだけど危険な感じがしないライブでしたね
なんだかみんなみんなとてもハッピーな顔なんですよ
殺気立ってないの
ピースフルな雰囲気なんですよ
私みたいなのが参加してても違和感ないの
受け入れてくれる感じがすごくして
想像以上に楽しいライブでした

このピースフルな印象はなんなんでしょね
このバンド4人から出てくるものなのかしら
彼らの作る楽曲たちも
とても良く出来たメロディラインを持ってくるもんね
4人で作ってる風だけど
誰がリードしてるのかしらねぇ?
やっぱうぶちゃんかしらねぇ?
乗りやすいけど軽すぎず重すぎず
ちゃんと独特の魅力も持ち合わせ
攻撃的なようで懐が深い
ちょ~どええんだな
私くらいなおばちゃんでもちょ~どええ(笑)
いや、ライブで聴くとね
ほんとにちょうどいいバランスなんですよ
疲れないの・・・・ってこれはおばちゃん故の感想だな(^^;
ま、実際はそうとう足腰ギクシャクしちゃってますけどね

こんな感じでいい具合なライブでした
うぶちゃんは案外まじめにギターを弾くし
村松くんは曲が進むごとに声がちょ~っとかすれてはくるんだけど
それでもよく声が出るんだな
かすれたかなって思ってもそれを上回って声が伸びてくる
彼はいいノドを持ってますな~
ひなっちは・・・
あいつはいつかムチ打ちになると思う
絶対なると思う!

そしてドラムのオニィがね
なんとわが街の出身者ってことが判明!
mcでオニィは北海道なんだよなって話になって
出身は?ってうぶちゃんが振ったら
この街でしたよ
札幌にも住んでたらしいですけど
生まれはこの街みたいな話でした
もうワタクシ
「私も~~~~!」って叫びたかったっす(笑)
オニィ家族が二階席にいらしてました
お姉さんがノリノリでした(^^)
うぶちゃんがオニィのお父さんやお姉さんの職業を
ピンポイントでばらしちゃって
それが案外特殊な職業でして
いいのかおい?とも思いましたです
しっかしドラムのオニィは
完全にノーマークだったので驚きましたねぇ
上手なドラムさんだな~とは思ってましたが
この街出身とはね~
ってそんなとこばっかり強く印象に残っちゃった(^^;;

あとは前日に旭山動物園に行って来た話もしてたな
白熊がひなっちそっくりだったって
みんなから「くまっち~」って声かけられてましたよ
最近のブログやらツイッター見てたら
ひなっち痩せたかななんて思ってたんですけど
そうでもなくて安心しました(笑)

hiatusに比べると(比べなくてもいいんだけど・・)
男子率高いですね
私くらいな年齢・・・いやいや私よりはずっとお若いとは思うけど
年齢高めの方もちらほらといて
幅広いな~と思いましたです

うんうん今思い返してもほんと良いライブに参加させていただいて
有難い一夜となりました(*^^*)
[PR]

by usaginokuniy | 2010-09-21 11:31 | 音楽

いろんな想いが駆け巡る音楽達

Wildflower & Cover Songs;Complete Best 'TRACK 3'(初回限定盤)

Superfly / ワーナーミュージック・ジャパン


彼女の声が素晴らしいですよね
空に高く高く突き抜けていくような歌声
伸びやかな声
とても良いと思います

洋楽カバーなんかはどうなんだろね
フルで聴いてると
上手いのは分かったからもういいよつってね
自信満々で楽しそうで良かったねっつってね
あり・・・また毒はいちった    エヘ

個人的な意見を言わせて貰えば
カーラボノフは
私がルンルンモンモンと青春していたころ大好きだったので
Someone To Lay Down Beside Meか
Lose Againを唄って欲しいもんですね
とても物悲しくて繊細な曲を紡ぎだすんだよな
いいんだよな   懐かすぃ~~ですな

MUSIC

フジファブリック / SMAR


志村くん不在になってしまったフジファブリック
彼が残した音源を元に残ったメンバーが試行錯誤の上
作り上げたアルバム
フロントマンがいなくなったバンドというのは
それはもう想像しがたいものがあります
中心にあったものが突然いなくなるんですからね
核がなくなるんだからね

そんな中でよく頑張ったねと思います
きっと志村くんならこうするだろう
こんな音を求めるだろうと
残された音源を頼りに
暗闇の中迷いながら探り探りであっただろうと想像いたします

それを踏まえて聴けばよいアルバムだと思います
優しい音です
志村くんの唄い方もラフな感じ
ま、きっと試し撮り的に唄っていたものなんでしょうね
力を抜いてサラッとしたボーカルですもんね

前作なんかと聞き比べちゃうと
明らかに違うけどね
全編通して独特の癖みたいなものに欠けるよね
でもそれは仕方がない話
癖のある本人いないんだから
残念ながらいないんだから

これから3人がどういう道を歩いていくのか
暖かく見守っていきたいですね

あ、先日放映されてた
フジフジ富士Q拝見いたしましたが
とてもいいライブでした
やっぱりクボ君のくだりは胸がギュっとなりました
なんだかギュ~~っとね
私はフジファブの大ファンってわけでもないのに
そんな気持ちになったんだから
ファンの皆様はいろんな思いがあるんでしょうね
でもやっぱ逝っちゃうのってダメだよね
みんな決められた寿命ってのがあるんだろうけど
神様ってやつがいるんだったらそれは反則だよって言いたい
理不尽だよって言いたいです

あとはつばきをアレコレ聴いております
彼らは着実に垢抜けて今に至るんだなと面白く聴いております(^^)
[PR]

by usaginokuniy | 2010-09-16 11:14 | 音楽

音楽

夜更けの太陽

つばき / UK.PROJECT


「つばき」って10年もやってるんですか
10年選手ですか  へぇ~~
初めて聴きますた(^^;

とても聴き心地が良いですね
良い声です
ちょっとAoの安田くんの声に似てるかな
だから馴染みやすいのかな
顔は?顔はどうなの?
ってそこじゃないか(笑)
聴きやすくてメロディも良い
って良い所ばかりじゃ面白くない
そこで何が足りないのかと考えますに
いや、考えなくてもいいんだけど
考えちゃうのが私の悪いとこ エヘ
このバンドにもう一つ欲しいものは毒ですな
毒だな
もっと毒をくれ毒を
ちょっとくらいの毒じゃ効かなくなってるんだ、ワタスのこの体は(爆)

THIS WORLD(初回生産限定)(DVD付)

THE PREDATORS / DELICIOUS LABEL


PREDATORSのさわおさんは
ゴリゴリっとロックで格好いいよね(^^)
RSRで見たせいか余計に格好良く聴こえる
ジローちゃんの単調なベースラインもゴリッと生きてくるから不思議
楽曲も余計な飾りなんか取っ払って
シンプルな音が良い  うん、良いです

んで秀吉の「夕の魔法」
以前アルバム聴いた時も好印象だったんだけど
どこかメレンゲっぽかったり
ちょっとPeopleっぽかったりなんて思ったんだけどね
今回久しぶりに秀吉を聴いて
ちっともそんな事思いませんでした
きちんと秀吉ってバンドの輪郭が出来たなって感じ
なんだかワンステージ上がったなって感じ
若者って成長するんですな(^^)



さてさて毎日暑い暑いと言ってきましたが
9月に入ってから朝夕とちょっこし空気が変わってきました
やっとか
やっと北海道の空気になってきたかって感じでございます
日中はまだ結構暑いんですが
日が落ちると一息つける気温
はぁ~~長かったな
北海道じゃないみたいだったもんな
北海道以外の皆様はまだまだ暑そうですが
もうすぐです
もうすぐ過ごしやすくなりますから頑張って残暑を乗り切るように!
倒れず頑張るように!
って北海道がちょっとばかり涼しくなったからって
上から目線で言ってみますた(爆)
[PR]

by usaginokuniy | 2010-09-06 16:53 | 音楽

泥沼フェス

こんにちわ
本日うさぎおばちゃんは
尋常じゃない筋肉痛と
バカじゃないの?ってほどの大量の洗濯物と闘っております
何故ならSO!
泥沼田植えだワッショイ!祭り・・・じゃない
ライジングサンロックフェスティバルに行って来たからであります

今年のRSRはすごいよ~~
いろんな意味ですごかったよ~~~
それではその全貌をお伝えいたしましょう
f0132565_9174579.jpg

土曜日10時ころ入場待ち
f0132565_9185465.jpg

ドロドロでございます
こんな程度は想定内
今回は長靴もはきまして準備万端
f0132565_920107.jpg

入場~~
ここをくぐるとそこにはパラダイスな異空間が広がるです
f0132565_9212790.jpg

ってオイ!?
f0132565_9215928.jpg

ぬあんじゃこりゃ??
泥水をなんとか一箇所にためるべく
スタッフさんの苦肉の策でありましょうか
もはや災害現場の様相
しかも入場待ちの時から気づいてましたが
酷い悪臭が漂っておるです
例えるなら牛の糞
例えるなら肥料てんこ盛りでまいた畑
例えるなら魚介類が数日放置されて腐敗した漁港
もね・・・・ひどいもんです
ま、乾いた場所ではそれほど気にならないんですけどね
ズブズブのところはかなり来てます
海がすぐそこだからなのかな~~
びっくりだったけど人間臭いにはわりとすぐ慣れるもんで
数時間もその場所にいたら
臭いわね~くらいで耐えられるようになるもんなんですけどね
犬猫赤ちゃんのうんちの臭いでその辺のハードルは低くなってるのか
柔軟性は高いおばちゃんで良かったっす(^^;
f0132565_931223.jpg

んでメインのサンステ
今年はこのステージメインで見るです
サンステのシートエリアあたりはまぁまぁ水もひけて快適っちゃ快適
手前もどんどんシートがひかれお客さんでびっしりになりますよ

さてとシートの場所確保してビール呑みながら永ちゃんでも見ますか

  12:30~  天下の矢沢先生
   
相変わらずな矢沢の世界
矢沢見るために来たぜ的ななエセ矢沢達が前の方に陣取っております
ものすご~~く気合を入れて楽しみに来たであろう矢沢ファン
盛り上がります
私も適度にシートで盛り上がります
しか~~し天下の矢沢
なんとライブ30分で終了~~~!
1時間の持ち時間使い切ることなくさっさと撤収~~~!
え~~?どうしたの?
北海道は涼しいと思ってきたのに
台風一過でカンカンカンカンと気温上昇の
悪臭漂うこの会場に嫌気がさした??
還暦の矢沢は野外の炎天下は30分が限界?
とにかく短いステージでありました
あちこちから白いスーツを身にまとい
泥沼を越えて矢沢を見に来たファンがかわいそうでなりませんでしたYO

矢沢先生はほっといてエレカシ前に会場をちょっと見て回ります
f0132565_9505567.jpg

トイレ(笑)
f0132565_951197.jpg

なんだこれ?
ガンダムとかエヴァの何かですか?
みんな記念撮影してましたけど
私には何なのか分かりませんでした エヘ
f0132565_953578.jpg

レッドエリアは地面も乾いていてとても快適
でもこっちのステージには行く事なかったな~~
もう暑さと泥沼超えと長靴で足腰かなりやられちゃいましたの
なかなか体力使うフェスでしたよ
f0132565_9552623.jpg

こちらクリスタルパレスとアーステント方面
この二つのステージを掛け持ちしてあれこれ見たかったんですけどね

14:30からのサンステでのエレカシを緩く身ながら
泥沼を渡りアーステントへ
f0132565_957691.jpg

この状況でテントが張られてる不思議
すっげ~~~な
こっちエリアはどこを歩いてもこんな状況
これでもまだましになってるって事です
前日金曜日は泥沼じゃなくて
水田もしくは池状態だったらしい
長靴必死でございます

   15:30 ~ THE PREDATORS

ロックなさわお兄さん
元気なおっちゃんです
「あんま騒ぐと母ちゃんに怒られっからよ」だって(^^)
みんな長靴はいてノリノリ~~
GLAYのジローがかわいですね~
この人もおっちゃんの域に入ってるんですけど
すごく若い
すごく顔が小さい
ジローちゃんが話すとお客さんキャーキャー言ってましたよ
すごい人気だね~~
さわお兄さんより人気あるかもよ

私、実は前々からジローちゃんって
ベースが下手だと思ってたんですけどね
でもあちこちGLAY以外でもベーシストとして活躍してるから
実は上手いのかしらね~~って見てましたけど
上手いとは思いませんでした(爆)
素人目線ですから本当は上手いのかもしれませんけどね
でもキャラがいいね~
華があるです(^^)
ドラムはエルレの高橋さん
彼は上手い!(笑)

んで再び泥沼横断して山下達郎選手を拝みに
サンステに戻りました
 
   16:30~ 山下達郎

いや~~山下達郎って実在するんだ~~
山下達郎って髪短いんだ~~
山下達郎ってなんか古田新太に似てるんだ~~
なんつって(笑)
30年降りのフェス参加らしいですね
私の年代でもリアル達郎ってイメージないんですよ
曲はもちろんヒット曲多数ですから知ってますけど
あんまりメディアに出ないじゃないですか
なんかもう伝説みたいな人でリアル感が無いというか・・・
実際ステージ見ましてね
最高に格好いいです
レベルが違います
CDの音超えたなって感じのライブです
すごい伸びやかな声
ドーナッツの歌とかね
アトムの子とかね
RIDE ON TIMEとかね
会場み~~んな知ってるノリのいい歌ばかりやってくれるの
お客さんの求めてるものを出してくるの
ただの理屈臭いおっちゃんじゃないのよ
プロなのプロ!
矢沢選手もこうあるべきでしたね

最後にやってくれた
♪さよなら~~夏の日~~♪が耳に残ってね~~(^^)
いや~いいもの見せていただきました
あ、コーラスに竹内奥様がいましたよ
返す返すいいもの見せていただきました(笑)

   18:30~ 斉藤和義

せっちゃんだ~~(^^)
まずは♪歩いて帰ろう♪でお客さんの心をぐっと鷲掴み
それから来るか~~ってな感じ
ベリベリ~なんちゃら~~で手拍子
曲と曲の合間で何度も手を振るせっちゃん
かわい~~~
「こんにちわ・・・山下達郎です・・・」
って何度もボケをかますせっちゃん
♪彼女は言った♪でエロを全開に歌詞変えするせっちゃん
♪歌うたいのバラッド♪での「愛してる」が胸に来る
エロくてシャイでギターがすごく上手くて格好いい斉藤和義
最後「じゃね~~ん」と手を振り緩く帰っていくせっちゃん
かわいい~~~(^^)

せっちゃん終わりで花火がドッカ~ン
綺麗でしたよ

んでグリーンエリアでタコメシ食べて~~
去年も同じもの食べましたっけ(笑)

ビークルが解散って事なので一応見るです
お顔を拝見出来るのも最後かなとね
   
   20:30~ ビートクルセイダース

お面を取った顔を初めて拝見
いや~~ふっつ~のおっさんだ(笑)
ギターの人は脂ぎったプロレス選手みたいなおっさんだ
キーボードの人はお面と同じ顔だ~~
ドラムの顔はちょっとよく分からなかったな  残念
でも演奏すると格好いいおっさん集団に早代わり
MCの時はエロおやじに早代わり
オーディエンスに「オ~~マ○コ~~!」と叫ばせます
石狩の地に一万人の「オ~マ○コ~~」の叫びが響き渡ります
何やらせてんだ~~!
客も乗せられて何叫んでんだ~~!
ま、こういうのも野外フェスだからこそのお楽しみ・・・なのかな(^^;
ビークルは解散ってこともあってか
RSRでは珍しくアンコールもありましたね

   22:30~ THE HIATUS

細美さんは北海道によく来てくれますね
すごく精力的にあちこちでライブやってます
すごいよね活動的だよね
本人もライブやりたくて仕方が無いって感じなんだろな
一時間の中にかなりたくさんの曲を詰め込んで
ワンマンライブをギュっと凝縮したような感じでした
The Ivyとかディープなものから
Talking Reptilesやらの早い曲から
西門の昧爽までたくさんやってました

でもちょっと思いのほかお客さんの入りが少ない感じが否めません
エルレ好きな人はHIATUSを聴くとちょっとディープ過ぎるのかな
不協和音的なのにのめり込み気味の細美さんに
違和感を持ってるのかもしれません
そういった曲に対するお客さんの反応がちょっと鈍いかな
ワンマンの時はそんな事思わなかったんだけどね
フェスだとこんな反応になっちゃうのかな
でも本人やりたいんだから仕方がない
とことん追求して行くも良しでしょう

さて前もっての予定ではブンブンをちょい見てから
LUNKを見るべくクリスタルパレスに走るってはずだったんですけどね
なんたって走れる状況ではないって事なんで
ブンブン捨てて真夜中の泥沼に突入です
f0132565_1115782.jpg

この長~~い飲食ブースを抜けて行くです
f0132565_1125683.jpg

光ってる場所はドロドロじゃなくてバッシャバシャ
気を抜くと深みにはまり長靴持ってかれます
危険地帯に立ち並ぶ飲食ブース

何枚も泥沼写真載せちゃってますけど
もう泥沼を省いては今回のフェスは語れないんすよ
f0132565_1152772.jpg

はいここがクリスタルパレスの中
800人くらい収容のせまい箱です
テントじゃありませんので時によっては入場規制がかかります
LUNKHEADの場合は残念ながらイマイチの集客数
四方八方が泥沼に囲まれてしまった
クリスタルとアースの二会場
しかもLUNKのライブの時間帯を挟むようにして
アースでは相対性理論とバクホン
本来なら走って行き来して3バンド見られない事もないんですが
残念ながらこの最悪の路面状況では
LUNKを捨ててアーステント一本に絞る若者が多かったと思われます
追い込まれたぞどうするLUNKHEAD!
f0132565_1112921.jpg

ライブ待ちのLUNKフアン達

どうなる事かと見守っておりましたが
ライブ始まったらま~~盛り上がる盛り上がる
ここに集まったお客さんはみんな熱烈なLUNKファンばかり
少数精鋭のお客さんです
みんな歌うは踊るはLUNK大好きな人ばかりでした
小高くんは客席にガンガン身を乗り出し
客に支えさせながら唄い叫ぶ
熱い熱いライブでした
小高君はCDで聴くより男っぽい声だね
すごい存在感のあるライブをする子だったんだね~
髪がちょっと伸び伸びで顔がイマイチ見えづらかったのが残念
でもでかい口は十分堪能できました
ありゃそのうち口から脳みそ出てくるぞ(笑)

んで~2:30からの9mmをシートで聴きながら少し休憩
疲れて疲れてへとへとなのに
9mmのあの爆音の中では精神が休憩できずになかなか大変
だって歌部分はまだいいんだけど
間奏でのあいつらバカなんだもん(笑)
卓郎くんMCで
「お前らをエレベーターにしてやろうか」とか言うんだもん
この人のMCもなかなかのグダグダっぷりだよね
みっちゃんロイくんの仲間に入れてあげましょ~

さ~さ~4:30からは最後のトリ
アジアンカンフージェネレーション

アジカンのライブが始まったと同時に明るくなり始めた東の空
f0132565_11234712.jpg

嘘みたいに綺麗な鮮やかなライジングです
ここから空がドンドン真っ赤に染まっていくんだろうと思ったんだけどね
なんとこの朝日みるみるうちに雲に覆われてしまいました
だからこのたった5分間だけの奇跡の朝日です
考えてみれば今回のRSRは集中豪雨と台風接近の合間に
やっと開催できた奇跡のフェスですもんね
晴れたのはこの3日間だけで前後は酷い雨ですもんね
よく開催できたものです
泥沼が何ですか
臭いが何ですか
熱中症になりそうなカンカン照りだって何ですか
お空の神様にありがとうです

あれ?アジカンのライブはどうだったかって?
ん~とまぁまぁかな
悪くはなかったですよ
盛り上がる定番もたくさんやったけど
新しいアルバムからもけっこうやったのでね
その辺の微妙さは推して図るべし(爆)

は~~疲れた
レポ書くのも疲れた
洗濯物さっさと干さなきゃだわ
何回まわしても終わりゃしないっすよ(~~
[PR]

by usaginokuniy | 2010-08-16 11:34 | 音楽

音楽聴きすぎやろ

Where's My Potato?

[Champagne] / RX-RECORDS / UK.PROJECT


とても上手いね
バラエティにも富んでるし
曲の作り方を心得てはずしてこない
最後の曲なんかも好きです
このバンドは若いの?
若い感じするけどどうしてこんなに出来上がってるのかしら
今時の人って末恐ろしかね~(^^)

Anesthesia

ART-SCHOOL / ポニーキャニオン


キノコちゃん声が少し変わったかしら
出し方変えたのかな
ちょっといつもよりハスキーね
彼は一貫して切ない
無機質の中に生臭い人間の感情が練りこまれ
妙にリアル
いつまでも不確かな危ない少年のような
なんだか彼の音楽って鬼気迫るものがある
同じフレーズの繰り返しが絶妙に胸に迫ってくるね

PLAY

竹内電気 / ビクターエンタテインメント


あらまぁ竹内電気ってこんなにポップでさわやかで
聴きやすいバンドだったのねぇ
あたしゃてっきり電気屋さんだと思ってたわよ  ってコラコラ
いや、電気屋さんとは思ってないけど
もっともっとなんだか変てこなしつこいくどいバンドかな~って
バンド名の印象って大事よね(笑)
ほんと聴きやすい良いバンドだと思います(^^)

ソラニン songbook

オムニバス / KRE


良い!!このオムニバスは良い!!
収録曲のどれもこれもがツボ!!
なんだろ、海北さんの声がすごく素敵に聞こえる
いやいや、元から良い声なんですけど
この流れで聴くと更に素敵
「そらに」も良い曲ね
カエラちゃんのこの曲も大好き
ブサンボマスターも艶のある声だよねぇ(^o^)

LIVE FILES 20091128~THE VERY BEST OF LUNKHEAD~(DVD付)

LUNKHEAD / ビクターエンタテインメント


あ~~彼らはライブバンドなんだな~~~と改めて強く思いました
ぜひ見てみたい
聴いてると体感温度が上がっていくのが分かる
なんだかドキドキする
ぜひとも大きな口で食われてみたい

そういや前回のアルバム

AT0M

LUNKHEAD / ビクターエンタテインメント


これ聴いたとき
小高くんってなんて分かりやすいんだろうと思いましたよ
守るものが出来たんだなってすぐ分かる(^^)
詞も素直だな~と
すごく素直に感じたまま思ったままにメロディに乗せてるな~と
もちろん実体験をそのまま歌詞にしてるとも思いませんが
実に分かりやすい
いい子なんですよ小高くんて
って何も知りませんけどね(^^;

マニフェスト

RADWIMPS / EMIミュージックジャパン


携帯電話

RADWIMPS / EMIミュージックジャパン


さてさて、これはどうしたものか・・・
う~~~んとねぇ・・・・・
ミュージシャンの方々は誰だって必死で曲を書いてるんだと思うんですよ
適当にちょちょいとなんてリリースしてないと思うんですよ
だからリスナーは安易にけなしたりしちゃいけないと思うんですよ
私には合わないな~って言うくらいならいいけど
一生懸命作ってリリースしたものに
これはヒドイだの駄作だのって言うのはどうかと思うんですよ

って事を踏まえた上で~~

カップリングにするほう間違えたかな   エヘ
どちらもね
洋次郎の独特の押し付けがましい
恐ろしいほどひん曲がった愛情がね
あるんだけど、それはあるんだけど
どこか凡庸
彼の書く歌詞は一歩間違うと
ただの気持ち悪いナルシストになっちゃうからね
それを紙一重でキラキラと光ってたのに
今作はもう一つ何かが足りない
以前の神がかり的な歌詞とメロディがあっただけに
どこかトーンダウン
カップリングのイントロなんてAcidmanか?
「携帯電話」のギターの流れなんてBum・・・・・・
いやいや、これ以上は言うまい
一般主婦がプロのミュージシャンに向かっておこがましいってもんです

ここが天才洋次郎の踏ん張りどころか
踏ん張ってこれがリリースされたのか
でもでも私はRADを応援し続けますよ~(^^)
[PR]

by usaginokuniy | 2010-08-02 11:24 | 音楽

Ame!!!!

18日朝早くこの街を出発し
着きました岩見沢
9時半ころの空と観覧車
f0132565_935234.jpg

どっよ~~~んでございます(笑)
しかし気温は高い
f0132565_9363744.jpg

遊園地の中も前夜に降った雨でしっとりと濡れております
この奥にNICOが出るステージがあります
メインからはちと遠いな
f0132565_9441463.jpg

11時前芝生のお客さんたち
右の方がメインステージ
芝生エリアはすり鉢状になっているので
大変見やすいですね
でも結構急な斜面なんで座ってると
ズリズリ滑りそうになって足に力が入る
特にうちの太ったおっさんは(笑)
f0132565_943727.jpg

なんだかんだと青空が見えてきました
雨が降らないのはありがたかったけど
この日の岩見沢の気温急上昇
ってか北海道全体暑かったらしい
お日様が出たとたん肩や腕がジリジリと焼かれてゆくのです
おっさんなんかユデダコのように真っ赤っかになっておりました
靴下が燃えるかと思ったそうです
靴下は燃えないと思うけどな~~012.gif

さてさてウダウダと前置きが長くなっちゃいましたね

11時からは福原美穂ちゃんを2曲くらい聴いて
おっさんは放置で動きます
11時40分からは
monobright
遊園地に常設されてるテント小屋がステージです
ここもまたすり鉢状になっていて見やすいね
ヒーローショウなんかやるためだと思うけど
ステージ下が広くなっていて
そこがスタンディングゾーン
その周りに扇状にすり鉢状にベンチが並んでます

桃野の秀でたオバカっぷりを堪能して汗だく
アナタマジックやら孤独の太陽やら
もうテントの中も暑くて暑くて
次のROCK'A'TRENCHはベンチに座って上から参加
いや~~このバンドは盛り上がりますよ
やった曲すべてCMで使われてるんじゃないかな
バンド知らなくてもみんな耳にしたことのある曲ばかりですから
見ててもとても楽しい
お客さんのテンション上げるのも上手いです

んで次は私のみっちゃん(笑)
これはもちろん前へ行くです
機材交換やらもメンバ出てきてやります
セッティング終わってBCGで音合わせ
一曲全部やっちゃうんじゃないの?ってほどで得した気分です(^^v
本番スタートはbroken youthから
さっかん初めから前へ出てきて煽ります
さっかんはどんどんステージで自分を出してくるようになりましたね
いいぞ!さっかん!
んでホログラム Bungyかな
新曲は間奏の時古君さっかんが前に出て
二人でガンガンいきます
なかなかずっしりと骨のある楽曲
あと何やったかな
最後はそのTaxだったと思うけど
やっぱNICOの音楽は好きです
ステージ映えする四人ですから見てても楽しい
でもでもやっぱりみっちゃんのMCは~~~(~~
どうしてかしら・・・
どうしてあぁなるのかしら
フェスであれこれバンドさん見てると
みんな盛り上げるの上手いのよね
その中でみっちゃんの空回りっぷりはどうなのかしら
大好きだからこそ恥ずかしくなったりならなかったり
もういいからみっちゃん!唄に行け唄に~~
って心の中で言ってますた(^^;;

NICO終わってメインステージのすぐ裏にある小さなステージに急ぎます
小林太郎ちゃんがとっくに始まっておるのです
でも遊園地ステージから10分くらい歩く
いやん遠いよ終わっちゃうよ
結局最後2曲しか見れんかったぜ
ドラグスタ・・・?あれ安田さんだったかな
それと美紗子ちゃん聞けました
すごい上手いのね
CDと同じレベルで演奏出来るのね
でもね唄い終わってちょこちょこっと喋るんだけど
その話し方がかわいいの~~(^^)
なんか照れながらボソッと話してかわいい~~の
あぁやっぱ19歳の男の子だ~~って感じ
唄ってる時とのギャップありすぎ
いい子だわ~~と思いましたよ

次は3時からのサカナクションです
お客さんびっしりです
RSRにも何度か来てるのになんだかいつも見逃してたバンド
見たかったバンドです
お空の雲行きが怪しい中太鼓の響きで始まります
太鼓の音にシンセの音が重なりテンション上げて行きながらの
Ame!!!
が始まったと時同じくシャワーのように降りだした雨
え~!山口くんはいったい何だ?
空まで見方につけての演出か?
ザンザン降りじゃなくちょ~どいい雨なのです
私の中でこの雨はすごく印象に残りました
こんなに素敵な雨は経験がない
21.1
明日から
セントレイでジャンプ
ネイティブダンサー
アルクアラウンドの手拍子
どれもこれも楽しかった~~
新曲もやりましたね
山口くんの「行くぞ~~~!!」は力があるな~
どんどんサカナクションの世界に引き込まれます
余計な事は言わずに
でも確実にお客さんのテンションを上げて行くパフォーマンス
すごいな~
みっちゃんにも見習って欲しいですな

さて後は10-FEET見ながら帰り支度です
この人たちのライブはお客さんを見るほうが楽しいくらいだよね
みんな踊る回る走るダイブするで大忙し(笑)
sleepy.abも見たい気持ちはあったんだけど
この雨の中おっさん放置して行くのも哀れでね
だいたい最初からずっと放置してたし(^^;
この時間帯は結構な本降りになっちゃいまして
あれやこれやびしょ濡れでビニール袋に突っ込んでのお片づけ

5時には会場を出て札幌の義姉の家に向かったのでした
帰りの車の中でおっさんにどうだった?と聞いたところ
とても楽しかったそうです
中でもサカナクションがすごい良かったそうです(笑)
そうかそうかお前にもサカナクションの良さが分かったか(^^)
ま、あいつの着眼点は機材メインでしたけどね
あれでどんな音を出すんだとか
シンセの台数ハンパないとか
音の作り方が格好いいとか
使ってる楽器がなんだとか
・・・知らんし・・・(爆)
楽しみ方って人それぞれだなと
ま、楽しんでたんだからオッケだね

旭川組のお二方とも会えたしいろいろ満足な一日でした
あ、お二人にうちの太ったおっさんを見られてしましましたが
大丈夫でしたでしょうか
衝撃的なおっさんですが
あぁ見えて優しい頼りになるおっさんなんですよ エヘ
またいつかどこかでね(^^)


総評としてJOIN ALIVEはなかなかこじんまりとした
良いフェスでした
後ろでもステージが見やすいのがいい
遊園地もあるせいか小さな子供達も多かったですね
一つ難を言わせてもらえば
フードエリアがしょぼい
あれじゃ町内のお祭りに出す
素人の屋台と大差はないな
どの店も焼きそばたこ焼きポテトと北海道らしさが出てないし
イマイチ美味しくないし
いや、美味しそうなお店も何軒かはありましたけどね
少ないな~と思いました
あとバイト君達のテンションが非常に低い(笑)
RSRと比べるのもどうかとは思うんですけど
あっちのバイト君達はすごい楽しそうにやってますからね
リストバンドチェックしかりゴミの分別しかりトイレ整理しかり
パフォーマーのようにお客さんを楽しませながら仕事してますからね
でも一年目ですもんね
これから毎年開催されるのかな
あれこれ改善されて良いフェスになっていくと思いますです
ってまた一般庶民が偉そうにすみません(^^;
[PR]

by usaginokuniy | 2010-07-20 11:02 | 音楽