カテゴリ:音楽( 139 )

期待を裏切りません

firefly

BUMP OF CHICKEN / トイズファクトリー


共感出来る歌
ワクワクする歌
泣ける歌
踊り出したくなっちゃう歌
様々な音楽がありますが
私は大丈夫
今までの自分は間違ってない
そんな風に思わせてくれる歌を作ってくれるのは彼らしかいないと思うのです
いつでも一番弱い部分に寄り添ってくれるのです

Silver Sun

Nothing's Carved In Stone / ERJ


そんでこれ
もうワクワク感がハンパねーって感じ
踊っていいっすか?って感じ
期待以上の物を繰り出してくるよね
彼らは一体どこまで上昇していくのか

って事で今日は彼等のライブに行ってまいります(^^)


しかし暑いね
前回の記事でモテキ到来なんて書きましたが
まったくモテキやってきませんがな
涼しくなったと思ったのも束の間
再び残暑の嵐
このクソ暑い中のライブか
おばちゃん溶けちゃうかも~(><)
[PR]

by usaginokuniy | 2012-09-15 12:07 | 音楽

RSR 行かせていただきました(^^)

お久しぶりの更新です

我が家のレギュラーメンバーが一匹いなくなっちゃって
寂しい悲しいと泣き暮らしているかと思ってたでしょ
うさぎさん大丈夫かしら・・・
な~~んて思ってた?
アレ・・・思ってなかった?

ま、泣く暇も無かったってのが正直なところなんですけどね
チャロが逝っちゃってすぐに1号が来てたり
お義兄夫婦やら2号も来たりで忙しかったっすよ
んで木曜にやっと誰もいなくなってホッとする間もなく
行ってまいりました

どこに?ってかい
ここにさここに(^^)
f0132565_2052224.jpg

ライジングーーーー!!!

泥沼フェスから二年ぶり
去年はチャロを一人で留守番させられる状況じゃなくなってたので行かなかったんですよね
今年も更に目が離せない段階になっていたので
行けるわけもないと最初からRSRの事は考えないようにしてました
だから今年のRSRはチャロからのプレゼント
ありがとう我が愛犬

さてさて今年のRSRは会場レイアウトが大きく変わりまして
f0132565_20592349.jpg

サンステは以前アーステントがあったほうに移動
大きな会場の一番はじっこだわね
入り口ゲートの場所も変わりましたから
入場したらすぐにサンステが見えてくるわけなんですが
以前は真ん中にサンステだったから
ここ基準にしてあちこちのステージを見て歩いたんですけど
サンステが一番はじに来ちゃうと
どこのステージに行くのも非常に遠く感じました
広すぎるぜRSR
いろいろ遠すぎるぜRSR

って文句言うのは性分に合わないので
楽しめるだけ楽しむぞーーー!
まずはdefgarage
このステージは入場ゲートを過ぎてすぐのステージ
今年から新しく出来たステージです
ニョキニョキと出てきた若い芽
次世代を担うであろう新しいバンドさんが多く出演されるみたいですね

14:00~  月光グリーン

    私の姉お勧めバンド
    何基準でお勧めしてるのか分かりませんが
    熱いステージでしたよ
    なんかお客さん熱狂的な感じで
    踊るは飛ぶわ暴れるわで楽しかったです
    ギターさんが格好良かったっす
    そこばっか見てますた(笑)

f0132565_2240244.jpg

お昼に食べた小樽あんかけラーメン
具沢山でとても美味しかったですよ
なんたって500円ってとこが嬉しい
RSRはフードエリアが充実していて
どれを食べてもとても美味しいです
ビールも美味しいよ(笑)

お次はサンステ
サンステとdefgarageだけはとても近くて行き来しやすいです

15:00~  フジファブリック

    新生フジファブリックを始めて観ましたよ~
    総ちゃんの帽子がかわいい
    なんだろお花か羽根かなんだか盛ってましたね(笑)
    「虹」「夜明けのビート」
    唄う総ちゃん 叫ぶ総ちゃん
    いや~~ボーカルが板についてきたな~~(^^)
    BUMPを観た2007年のRSRで初めて観たフジファブ
    志村君の秀でた才能
    彼ありきなバンド
    フジファブリック
    そんなフジファブでしたが
    新たなる道を進み始めた彼らを観ることが出来てよかったです
    おばちゃんはなんだか嬉しい気持ちでいっぱいになりましたよ(^^)


って思いながら最後までは観られず
次に急ぎます
アースではシャンペが始まっておるのだ
急げ急げ
あ~~ん遠いっす(~~

15:30~  [Champagne]

    洋平くんかっこよす!
    庄村くんは相変わらずクルクルとスティックを回しとる!
    彼らはやっぱライブを観ると
    あ~~~良い!
    CDよりず~~~っと良い!
    なんだかワクワクしてくるんですよね


って思いながら最後までは観られず
もうこんなんばっかですが
やっぱ次を目指します
お次はレッドスターカフェでひなっちが何かやっておるのです
アースからレッドエリアへ
この移動は遠いながらも比較的行きやすいかも
f0132565_21294182.jpg

RED STAR FIELD
このステージの少しとなりに
レッドスターカフェなる場所があります
ステージというよりちょっとアコスティックで軽くライブでもやってみますか的な
お客さんも軽いノリで楽しみましょ的な
そんな場所であります
ここで行われるライブは公式ラインナップには乗っておりません
その場に居合わせた人のお楽しみってとこでしょうか
とは言っても結構な有名どころなアーティストの方々がお見えになっていた模様ですね

私はひなっちのツイッターを見て
ちょっと気になってまして
急いで行ってみたわけであります

ひなっちベースで女性ボーカルさんが
あの名曲「カントリーロード」を唄っております
透明感のある良い声
この声・・・・確か聞いたことのある声・・・
あ!岩崎愛ちゃんだわ(^^)
またーりと座りながら聞き入りました
手拍子もまったりとまどろむように心地の良い時間
アコスティックなひなっちも良いな~~
この人ってガンガンとロックなベーシストかと思えば
こんな柔らか~~な感覚でライブをやる一面も持っていて
すごい多面的な人ですよね
いろんなバンドのサポートもやってたり
たくさんの人に慕われていたり
とても面倒見の良い人なんだろうなと思います

そんな感じでのんびりと見ていたら
岩崎慧ちゃんがひょいっとご登場
あらびっくり
妹をサポートするお兄ちゃん
豪華だわ~~
微笑ましいわ~~
それにしてもこの二人
歌い方がとても似てるよね
歌い方というか唄いまわしというか
声の出し方というか
ほんと男と女だから声質は違うと思うんだけど
とても似てるよね
血のつながりって不思議だね
最後の曲はお客さんと一緒に唄ったりして
とても一体感のあるライブでした
ワタスも小さな声で唄いますた(笑)

3時からの一時間半で三箇所のステージを渡り歩き疲れ果てておりますが
f0132565_21503826.jpg

ここはレッドからリストバンドチェックの橋を渡ってちょっとの場所
ここから遠~~~~~くに見えるサンステに戻ります
いやマジで遠いってば(><)

たどり着く前に始まりましたよ~~
すんごい人ですよ~~

16:30~  Perfume

   いや~~~~すごい盛り上がり
   可愛いよね
   うん可愛いよね(笑)
   いやほんとに可愛いと思いますよ
   ヒット曲たくさんですから
   曲が始まりさえすれば盛り上がれますよ  
   こんなおばさんだって何だかウキウキと心が弾みます
   曲が始まりさえすればね
   アレ・・・トゲがありましたか??(笑)
   だってコール&レスポンスが長いんだもん
   時間が限られてるフェスなんだから曲たくさんやってくれたらいいのに
   MC長すぎるんだもん
   お客さんにアレやれコレやれとか
   振りの練習とか・・・とか・・・とかさ
   飽きちゃった(爆)
   なんつってね(^^;;
   アレも楽しさの一つなのかもね  
   うんうん。なんたってみんな楽しそうだったもんね
   一番人が入ってたと思うしね
   なんだかんだ言っても私Perfumeやパミュパミュは好きなんですよ(^^)


ニコニコとPerfume観て
お次は~~~
RAD~~~!!!
彼等のライブチケットなんて取れないからね
絶対ここで見ておかなきゃね

17:50~  RADWIMPS

   洋次郎へんな動きで登場~~
   ほっそいな~~~
   「DADA」 「ます。」 「有心論」と続き
   もうRADファンの熱狂ぶりがすごい
   洋次郎は生で聴いても唄が上手いな~と思いました
   あんな早口なのに言葉が明瞭
   ちゃんといろんな思いが伝わってきますね
   「白日」なんかは本当に胸に来ました
   「トレモロ」なんかもうほんとにね
   あ~~~これ聴けるなんて幸せつってね

   んで「いいんですか」聴きながら飲食ブースへ移動
   こんなスペシャルなBGMがあるでしょうか
   これぞフェスですな(^^)


ご飯食べた後は

19:40~  斉藤和義

   ゆるゆるセッチャン
   どうも~~スガシカオです~~つって
   二年前は「どうも~~山下達郎です~~」つってたんだよこの人(笑)
   話すと緩いのに唄い出すとしなやかでいてとても骨太
   魅せるね聴かせるね~ってライブでとても大人な時間
   
   最後まで観たかったんだけど30分くらいでアースへ移動
   やっぱBIGMAMAは見逃せない

20:20~  BIGMAMA

   歩いて歩いてやっとアーステントにたどり着いたけど
   ちょっとその前におトイレへ
   BIGMAMAをBGMに用を足すワタス
   豪華だわ  これぞフェスの醍醐味だわ(爆)

   いや~それにしても久びりに観る金井君は大人になったね
   なんか大人だったよ
   お喋りも少なくシャイな印象だった金井君でしたが
   たくさんたくさんお話してました
   なんだか気持ちがあふれ出すというか
   たくさん伝えたい事があるというか
   とにかく一生懸命お話してました  
   しかも噛みまくってました(笑)
   でもちゃんと言いたい事は伝わりましたよ(^^)

   新曲はちょっとブルージーな感じで格好よかった
   みんなにパチンパチンと指をならさせてリズムを取って
   その音に合わせて曲が進んでいきます
   お客さんを巻き込んで一体感たっぷりで演奏
   楽しかったです
   「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」では
   みんなで「オーーオーオオオ♪」の大合唱
   興奮冷めやらぬうちにライブ終了  
   
   終わってみんなわらわらと帰って行きながらもあちらこちらから
   「オーオーオオオ♪ オーオーオオオ♪」の掛け声が聞こえてきます
   分かります分かります
   楽しかったもんね
   ほんと楽しいライブだったもんね(^^)


BIGMAMAを最後に私のRSRは終了
f0132565_2239493.jpg

たくさん歩いて歩いて今日は股関節が非常に痛いっす
もう無理が出来ないお年頃
この体の痛みを思うと二日間通しての参加は難しいかもね
ってかもう少しゆったり観ろよと思いますが
ライジングマジックと言いましょうか
あの場所に行ったら動いちゃうんですよ
普段は絶対出来ない行動しちゃうんですよ(^^;;
もう少しおばあちゃん化したら
レッドエリアやボヘミアン辺りでまったりもいいかもしれないねぇ(^^;

チャロのおかげで参加することが出来たRSR
金曜日だけの参加でしたが
大変楽しませていただきました
[PR]

by usaginokuniy | 2012-08-11 23:00 | 音楽

次男お勧め

nanoir

ナノ / ビクターエンタテインメント



プシュケの血の跡

Lyu:Lyu / coolism records



diorama

米津玄師 / BALLOOM



こんなんばっか聴かされとります
いい年こいてニコ動かぶれになっちゃうぜ
でもなかなかいいっすよ(^^)
[PR]

by usaginokuniy | 2012-06-02 10:18 | 音楽

ここまで来たんだよって胸張って

5月12日 札幌
曇天 5月の札幌とは思えない寒い日でしたよ

そんな中グッズ買ってきたえーる裏へ回る
f0132565_1242894.jpg

来たぜ
f0132565_125669.jpg

あったぜ(*^^*)
かわいいっす
これに乗ってツアー回りたいっす

旭川組のKり太郎さんにもお会いしたりお喋りしたりご飯食べたり
kり太郎さんのお連れのお若い方はここのブログをご覧になってくれてたようで
「見てます(^^)」つって
「ありがとうございます(^^;」つって
実はブログを見てくださっている方とはあんまりお会いしたくないんですよね
だってイメージ崩しちゃ悪いでしょ
私ってほら素敵な奥様ってイメージでしょ
実際会うとがさつなおばちゃんですみませんってね
え・・?ブログのイメージもがさつで酒好きなおばちゃんですか そーですか(--;

んでなんだかんだと時間が過ぎて
始まりました GOLD GLIDER TOUR きたえーる

1万人規模の会場びっしりのお客さん達
今回私の席はスタンドF席でしたのでちょっと遠いですが
モニターもあるし4人も遠いながらもちゃんと見えるしで十分満足な席であります
年々お客さんの年齢層が幅広くなっている気がしますね
お若い方はもちろん多いですが
親子連れやちょい年配のご夫婦や
お婆ちゃんかしら?って方もお孫さんと座ってらしたり
すごいなBUMP

開演時間も迫ってきて
会場にはボレロが静かに流れます
ステージには白い幕
暗転
映像が映し出される
なんだかゲームの世界観みたいな美しい映像
鯨が印象的
解き放たれるGOLD GLIDER
とても綺麗でした

んで白い幕はまだかかったままで
ヒロ 秀ちゃん チャマの姿が影絵のように浮かび上がる
そうしてギターを掲げる藤君の姿が

いやん 早く顔見せろ

始まったのは「三ツ星カルテット」
手拍子が難しい

続いて「宇宙飛行士への手紙」へと続くわけですが
未だ白い幕ははずれない

歌い出しが始まり
♪~~~今が未来だった頃の事~~♪
最初の間奏はいったと同時に暗転 爆発音
キタ特効!(^^)/
放たれるキラキラ
降り注ぐキラキラ
キャー!!拾いた~~い!!

もうねBUMPでこれやる?みたいな
恥ずかしい~~(>▽<)みたいな
大きな会場でのライブはエンターテイメントですな
楽しんで盛り上げての派手な演出がとても楽しい
それでいて4人組は相変わらずだしね(^^)

「HAPPY」での一体感のある手拍子
聞くたびにドラマティックな印象を受ける素晴らしい楽曲の「ゼロ」

そうしてヒロはギターが上手くなったな~~と感心するです
プロに向かって失礼だけど安心して観ていられる
いや、チャマも秀ちゃんも演奏が飛躍的に上手くなった感じがします
おばちゃんがこんな事いうのもなんだけど
みんな藤君の高いスキルについて行くのが精一杯って頃があっただけに
練習して練習してくらいついて行ったのだと思います
ライブの数こなして成長していくバンドが多い中
この人達の精神力を思うとほんと感心いたします

んで5曲目で「Stage of the ground」
キタコレ
これ聴きたかったんだーーー
アルバム発のツアーと違って
過去曲もたくさんやってくれるという情報は聞いておりましたが
実際目の前でこの曲が始まるとテンション上がりますね

「友達の唄」「smile」
伸びやかな藤君の声、優しい曲からのsmileが痺れます
smileのアウトロがもう圧巻
秀ちゃんを囲むように4人ががむしゃらに楽器をかき鳴らす
選ばれし4人組の鳴らす音が泣いているようなのです
ヒャ~~~~ザワザワと鳥肌が チキンなだけに(オイ)

「グッドラック」はやっぱり沁みます
この歌詞このメロディ

「ハルジオン」の時の藤君のギターは新しいのかしら
うちの彼ったらあんなギター持ってたかしら?

そんで4人ステージを降りて恥ずかし島へと向かいます(^^)
お客さんの間を照れくさそうにファンサービス

小さなステージにはウッドベース
会場はいった時から思ってましたが
あれやるね 
あれ聴けるのね
ほんとライブ数が少ないバンドなだけに
以前の曲を聴けるのはすごく貴重だと思います

「車輪の唄」
あぁこの曲 アタシ何度カラオケで唄ったことか(爆)
それを今こうして目の前で・・・・
幸せすぎて倒れそうであります

恥ずかし島での二曲目は
「Sailing day」
しかもアコスティックバージョン
良いわ~~~~
チャマとヒロはさすがにダブルジャンプはしなかったね(笑)

藤君は12月と違ってあまりMC多くなかったんだけど
中盤以降はとても楽しそうな笑顔で
こっちまで嬉しくなりました

でも楽しい時間はあっという間で
この辺りから終わりが近づいているのだとひしひしと伝わるのです

辛辣でいて優しい「イノセント」
この楽曲は最近とても耳に残ってて
聴かせたい奴がいるなつって

そんで「スパノバ」で会場が一つになり
「カルマ」の骨太なイントロに震え
「天体観測」へと終結していくのであります(T T)

アンコールではメンバー全員ツアーTシャツ パーカーにお着替え
藤君っていつもVネックTシャツですよね
いいな~~アレ
私もアレがいいな
今度言っとこ!

アンコールはこれまた聴けるとは思ってなかった「アルエ」
チャマとヒロのハモリも上手いよね~~(^^)
二曲目は「ダイヤモンド」
ライブでははずせない
大好きな唄
最後の最後 これでお終いの3曲目は
「真っ赤な空を見ただろうか」
この曲の最初はためますね~~
藤君たっぷり間を空けて
お客さんの反応する時間も楽しんで
ためてためて歌い上げます
んでテンポアップで盛り上げる

あぁ最高でした
私の大好きなバンドはやっぱり最高でした

今度もまた4年後なのかしら
アタシお婆ちゃんになっちゃうからもう少し早く会いたいわ
でもお婆ちゃんになっても行くわよ(^^v

MCはいろいろ会ったんですが
特にヒロのMCには終始笑わされっぱなしだったんですが
文字に出来るほど覚えておらず
つか、彼の脈絡も無く繰り出されるトークは
まったく一貫性が無いので覚えられるはずもなく(笑)
私の頭はさっぱりおバカちゃん
頭の中はキラキラしております
f0132565_13331098.jpg


More この後は12日のサイドストーリー
[PR]

by usaginokuniy | 2012-05-14 14:30 | 音楽

ザックリレビュー

PORTAL(初回生産限定盤)(DVD付)

Galileo Galilei / SME


ガリレオ君達の新しい姿が見えたような一枚
とてもいい感じのアルバムではありますが
一曲一曲どれもいい曲だな~と思いますが
なんだかテンションの似たような曲が多いなとも思いました
まだまだ落ち着く歳でもあるまいし
もっと自由に我がままに音を作ってもいいんじゃないかしら
な~んて思ったり思わなかったり(^^;

Discovery

No Regret Life / spiral-motion


ウワァ~~臭ッ!
このボーカル男臭ッ!(笑)
ちょいちょい懐かしいテイストのロックですね
メロディも王道で~~~なんというか~~~
面白みに~~~欠ける!つって

Entish

ent / EMIミュージックジャパン


Welcome Stranger

ent / Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M)


ぅあ~~~ぅぅぅあ~~~
・・・・・・zzzzzz  あっぶね
寝るかと思った~~~
あ、それくらい気持ちがいいって事ですよ(^^)
浮遊感というか
海の奥深くに静かに沈みこんでいくような
改めてホリエ君の才能に驚きますた

V(DVD付)

TRIPLANE / tearbridge


そんでこれ
いや~~~キタね
抜けてきたね
聴ける!これは聴けます!(^^b

今までの彼等のアルバムはね
なんだか良い子すぎてちょっとピンとこなかったんですけどね
そんでどうしてもミスチ〇じゃんとかも思ってね(^^;
でもね
このアルバムは聴いてるとそんな事ちっとも思わない
そうしてちっとも飽きない
いちいち「オッ!」っとなりまする
っつかミスチ〇聴くならこっち聴けって感じ
大御所に成り下がったあっちより
こっちのほうがずっと面白いぞ
ってくらいの勢いを感じました

青に染まる白

LUNKHEAD / ビクターエンタテインメント


初期衝動をそのまま残しながら疾走するバンド
それが~~LUNKHEADだーー!

Citizen Soul(初回限定盤)(DVD付)

People In The Box / 日本クラウン


辛辣でいてしなやか
透明でいて混沌の中にある
それがーーーpeopleだーー!

ってこんなんばっかで申し訳ない(^^;;


MISOGI EP(数量限定 完全盤)

GRAPEVINE / ポニーキャニオン


濃いな~~
大人だな~~
濃密な時間を共有したような
そんな感じ 
ってオイ どんな感じだ

Follow The Stars

PERIDOTS / tearbridge


孤高のボーカリスト
唯一無二の世界観

って夢チカっぽく言ってみました
(北海道限定でしか分からないな)

L

大橋トリオ / rhythm zone


R

大橋トリオ / rhythm zone


オサレーーーー
もうね空気がガラッと変わるよね
どっちも良いけどRの方が好きかも

Second line&Acoustic collection

ACIDMAN / EMIミュージックジャパン


チッ
大木のヤロー大人になりおって
なかなかエエやないの

おるたな

スピッツ / ユニバーサルJ


そりゃいいでしょ
だってスピッツだもの
草野さんの声だもの
間違いありません

あ、私はカラオケでスピッツをよく唄います
ってそんな情報いりませんかそーですか

plenty

plenty / headphone music label


何故か何度も聴いてしまうアルバム
聴けば聴くほど脆さより強さを感じてしまうのは何故かしら
この子精神的に実は強いんだろうな
儚そうで脆そうだけど
ちゃんと育ってきたんだろうな
ポストsyrupなんて言われちゃってるけどどうなのかしら
鹿野さん
大人がそんな事煽っちゃいかんよ
なんて思ったりもするです
そんな諸々の情報抜きにして良いアルバムです
[PR]

by usaginokuniy | 2012-03-06 12:23 | 音楽

勝手にレビューあれこれ

BEST HIT AKG(初回生産限定盤)(DVD付)

ASIAN KUNG-FU GENERATION / KRE


いや~~テンション上がるわ~
RSRを思い出します
あの一瞬の朝焼けを思い出します

トライアル(DVD付)

the pillows / avex trax


こんだけのベテランバンドでありながら
こんだけのアルバム出してくる辺りがピロですな
未だ青春真っ只中
気力体力衰え知らず
永遠の少年さわおさん
反抗期はまだまだ続くのであ~る

君がまたブラウスのボタンを留めるまで

BIGMAMA / RX-RECOREDS/UK.PROJECT


あら~~聴きやすいね
BIGMAMAにしたらちょっと大人しい感じがしますね
毒気が抜けたというか何と言うか
ライブでガンガンダイブしたい人には物足りないかしら
私的にはちょうど良くていい感じっす

最後の曲なんかずるいわ
お母ちゃんのハートを鷲づかみにしてるようだけど甘いわよ
男のずるい言い方だわ
どっちにもいい顔しようったって許さないわよ
彼女を助けるってかい
お母ちゃんがそれを望んでるってかい?
そうは行かないわよ
お母ちゃんを先に助けなさいよ!つってね

スーパースター

back number / ユニバーサルミュージック


これは長男がレンタル

すごい勢いで伸びてきてますな
ちゃんとメロディが耳に残るよね
いい感じで歌謡曲色もあるよね
ただね~~~
歌詞が非常に女々しい
私の中のカテゴリー分けではスキマスィッチ枠に入りますね(笑)

あとCD最後の漫談は入ってないのね
あれ面白かったのに(^^)

ボクノバアイハ

phatmans after school / トイズファクトリー


そんで道産子バンド

やっぱこの声好きだな~
相変わらずキャッチーなメロディを作ってるよな~
もっともっと売れていいバンドだと思うんだけどな~
何が足りないのかしら
出来上がりすぎなのかしら
危なっかしさが無いからかしら
すっごくいいと思うんだけどな

蒼と群青

Ao / FIST


何だか空が高くなったね
ギターも縦横無尽に右往左往・・・あれ日本語おかしいな(^^;;
いや、ちょっといろんなバンドのテイストが・・・
いろんな事試してみたい時期なのね
うんうん思うように売れないとね
いろんな事盛りたくなるよね
分かる分かる
その卑屈さこそが安田君ですからね
唯一無二の安田君の世界を着き進んでください(^^)

しかし北海道バンドってどこか透明感がありますよね
ガリレオしかりtacicaしかりsleepyなんか透明そのもの
ドリカムもね(^^)
むか~し松山〇春やら中〇みゆきやらが北海道代表だった頃は
もうね・・・勘弁して欲しかったっす
北海道ってあんなイメージだと思われるのかと思うとね
道産子でいる事が恥ずかしかった
福岡行きて~~~ってマジ思ったもん
ドリカムやジュディマリやGRAYが出てきて嬉しかったな

さて、好きな音楽聴いてテンション上げ気味にして
週末に挑もうと思うのである
[PR]

by usaginokuniy | 2012-02-10 11:31 | 音楽

泣けるっす

グッドラック【CD購入者限定アリーナツアー最速先行予約受付応募券付】(初回プレス盤)(期間限定盤)(DVD付)

BUMP OF CHICKEN / トイズファクトリー



「くれぐれも気をつけて
出来れば笑っていて・・・・」

うぅ・・・・
今のアタシにはキャッチーすぎるっす(号泣)

春になったらもっと身に沁みるんだろうな
いなくなってから思うんだろうな
確かにここにいたって事を

しかし藤君ってば
いつだって私の心に寄り添った曲を唄ってくれのはどうしてかしら
アタシの心の中をのぞいてるのかしら
キャッ 恥ずかし(*^^*)

ま、この季節ですからね
誰の胸にも響くだろうと思います
出会いと別れと旅立ちの季節ですからね

木曜にでも映画観てこようっかな


あ、ディアマンの間奏はダイヤモンドですよね
変わっていないようでもちゃんと成長してきた藤君
大人になったなぁ
10代から20代
20代から30代
一番変わっていく時期かもしれませんね

私はこの10年まったく変わっていないような気がします
あ、変わった変わった
身体的には著しく変わった
残念だな(ーー;;
[PR]

by usaginokuniy | 2012-01-24 14:57 | 音楽

終わりまであなたといたい

BUMP OF CHICKEN ZEPP SAPPORO
3年半ぶりのツアー

ことごとくチケット運に見放され
今回は無理だな
彼等には会えないんだな
家の事もあれこれ忙しいし
ここはスッパリキッパリあきらめましょう・・・って思ってたんですが
愛しのKりたろうさんから救いの手を差し伸べていただき
ライブに参加と相成りました
あぁお優しきkりたろう様
ありがとうございます

足を向けてなんて寝られないkりたろう様に
クソ寒い中何時間も物販並ばせて
アタシの分も買っといて~~つってね
や~アタシも寒かったですよ
Kりたろうさんの鞄持ちしながら外にいたのたったの一時間だけだけど
寒かった寒かった
すっごい行列でしたね~
・・・ってすみません・・・(爆)

なんやかんやで無事チケットも頂き
しみじみとライブに参加できる喜びをかみしめました

今回は前の方で無理せず
後ろの一段上がったとこの最前を狙います
いろいろ学習してきたオバちゃんは確実に彼らを見られる場所を確保
いや~~見える見える
よ~~く見えます
ベスポジであります(^^b

チューニングしてるスタッフがリトルブレイバーのイントロなんか弾いちゃたくらいにして
着々と刻々とその時間が近づいてくる
7時5分過ぎ頃満を持して4人組登場
秀ちゃん ヒロ チャマ
そうして最後に藤君
ゆっくりとステージを歩きギターを手にし高く掲げる
ウォーーーーー
2千人強のどよめきが会場に響き渡るのだ
もう私なんだか胃の辺りがキューってなっちゃって吐きそうであります
始まっちゃう始まっちゃう
どうしようって感じであります

一曲目は三ツ星カルテット
CDよりロックな感じがしました
独特のリズムで格好いいよね
藤君って格好いいよね(笑)

次は宇宙飛行士の手紙
藤君楽しそうに演奏してたな
途中マイク無しで「ありがと」って言ってたな
口の動きがそうだったな

私この日のために眼鏡を新調いたしまして
遠くが良く見える良く見える(^^)

チャマが「どうも~バンプオブチキンでーす」
「ずっとレコーディングやってたけどこうやって聴いてくれる人がいなけりゃ意味がない」つって

ウエザーリポートやってからのゼロ
この曲は実にドラマティック
堂々たる唄いっぷり
もう藤君ってば格好良すぎるやんけ
3年半も何やってたのさ
もっともっと会いに来てよ~

プラネタリウムはアレンジが変わったかな
ヒロがちょいちょいおかず的なフレーズ入れてました
まだツアー始まったばかりで
なんだかちょっとこなれてない感がありますが
これから頑張ってください

チャマが再び「どうも~バンプオブチキンでーす」つって笑いを誘ったり
藤君が
札幌3年半ぶりでZeppは5年振りで
中学生だった人は高校生になり高校生は大学生や社会人になってたり
結婚したり子供産んだ人もいたりだろうし
そんな長い時間が経ってもこうやって自分達を迎えてくれて
人と人の繋がりって大切だみたいな事一生懸命しゃべって

私はオバちゃんはオバちゃんのままなんだよと心の中でつぶやき
あ、オバちゃんからオバアチャンになった人だっているだろうなと考え
やっぱもっと頻繁に来て頂戴とお願いします


んでHAPPYで幸せになって
友達の唄 グッドラックで聴き入って

そうしてスパノバ辺りから涙が出てきて仕方ない
なんだか我が家もここ数ヶ月いろいろあって
あんな事こんな事が思い出されて
ジワっとウルっとヤバイヤバイ
涙なんかで大事なこの瞬間瞬間を見逃したくはない
なんたって涙拭くのに眼鏡はずしたら一寸先がぼやけちゃいますからね(~~
ここはググッと堪えながら頑張りました

星の鳥からのメーデーも綺麗だったな~
お約束でテッパンの天体観測はやっぱり盛り上がります

あれよあれよという間に終わりの時が近づくのです
どうしてこんなに早いの?
もうアンコールなの?
嫌だ嫌だ早すぎるよ
終わりたくないよ
ここから離れたくないと悲しくなるのです

アンコールでのMCは
前日札幌でファクトリーに四人で行っていろいろお買い物をしたそうです
ヒロがめっちゃグダグダでお話してました
藤君の買い物に付き合って行ったのに
場の雰囲気に押されて
何故か毛布やクッションを買ったって

何故に札幌でそんな物を買うんでしょ??(笑)
配達頼んだって(笑笑)
住所書いたんだ~~
私そこの店員さんが羨ましいです
ファンだったらヤバイでしょ
住所ばれちゃうでしょ  なんて思いました(^^)

後はチャマのお約束の物販トークや
相変わらずしゃべらない秀ちゃん
いや何かしゃべってたんですけどね
如何せんマイクを通さないから聞こえない(笑)
どうして秀ちゃんはいつもマイクがないんですかね
チャマとヒロにはちゃんとハモリ用にマイクがあるけど
ドラム叩きながらガンガン唄ってる秀ちゃんにはマイクが無いような・・
あるんですか?見えないだけかな?
MCのたびにきちんと立ってる律儀な秀ちゃん
好きです(^^)

アンコール一曲目はMerry Christmas
ここはスノースマイルだろ~とちょっと思いましたが
クリスマスカラーな照明が綺麗で
四人が楽しそうなので許します

次が魔法の料理

今回のライブは聴かせる唄が多い印象を受けました
四人は緊張の中でも終始楽しそう
MCの時間も今までのライブより多かったような気がしました
私の周りを見る限りお客さんも大人になった感じ
グイグイ押されることもなく居心地良かったな
バンプもお客さんもみんな大人になったのね
ま、ほんとの前の方はどんな事になってたか分かりませんけどね(^^;

んで最後にダイヤモンド
キターーー
大好きだーーーーこの曲大好きだーーー!!!

って終わってしもーたーーー!!(T T)

毎日でもここでライブやりたいって言ってた
でもやっぱ北海道は遠い
来たいからってすぐ来れる訳じゃないって言ってた

すぐ来てよ
飛行機乗ったらすぐじゃん

次は5月だね
会えるかな
会いたいな

一度会ったらもっと一緒にいたくなる
3年だろうと5年だろうとずっと待ってられたのに
会ってしまったらもうダメだ
今日も明日も明後日もず~っと一緒にいようよ

恋する乙女になってしまったオバサンなのでありました


最後にチケット譲ってくれたKりたろうさん
ほんとうにありがとうございました
お世話になりました
寒い中雪だるまになりながら物販並んでくださったあなたの姿忘れません
文章書くとある事ない事チャラチャラと書けるのに
いざお喋りすると上手い事の一つも話せなくてすみません
また春に会えますように
その時はまた物販並んどいてください (コラーッ)


※ セトリはここのサイトを参考にさせていただきました
[PR]

by usaginokuniy | 2011-12-16 11:35 | 音楽

音楽のお話と家電あるある

A World Of Pandemonium

the HIATUS / フォーライフミュージックエンタテインメント


ホソミンってばいくつ色を持っているんだろう
色数の少ない絵の具しかなくても
混ぜ方次第では無数にバリエーションが広がるって事でしょか
様々な技を身に着けたって事かしら
しっかしこんなに幅の広い懐の深い男だったかしらねぇ?(笑)

HUMANIA(初回生産限定盤)(DVD付)

NICO Touches the Walls / KRE


一年で二枚もアルバムをリリースするとは
生産性が高いですね
突っ走ってますね
やるなら今しかねぇ!って感じでしょうか
フロントマンのみっちゃんばかりが先走りがちだったNICO
ここに来てメンバも楽曲を手がけてズシンと成長著しいNiCO
ミュージックフェアなんかに出ちゃってイケイケなNICO
この番組にはあまり取り込まれないでいて欲しいと願うアタシは我がままでしょうか(^^;;
ミュージックフェア芸人アーチストにはならないでね・・つってね

あ・・・古くん・・・アタシも色が白くなりたいです・・・(笑)

STAR(初回生産限定盤)(DVD付)

フジファブリック / SMAR


胸にくる楽曲が散りばめられております
フジファブ頑張ってるな~
総君頑張ってるな~
ファンであればあるほど賛否両論があるかと思いますが
私は好きですよ
総君のちょっと緩いフワっとした
危なっかしいボーカルも何度も聴いてるといい感じです
だかしかし
フジファブの名前を取っ払って
知らないバンドとして聴いた時にどんな感想がでるかというと・・・
それはね・・・う~~ん・・・想像できない
だってフジファブだもの
難しいとこだね(^^;





ところでうちのコンポ
前のコンポが調子悪くなってとりあえず聴けりゃいいやつって
この夏にドンキでお安いものをパパっと買ったんですけどね
なんだかイマイチでね
ちょっとかけ始めに難があるというか
コンポ暖まらないと調子が出ないというか
かかっちゃえば問題ないんだけどね
これ不良品ですってドンキに持っていったら
きっとちゃんと動くだろうみたいなね
ほんのちょっとの事だし
毎回ってわけじゃないし
安いんだからしょうがないし
音楽の専門家でもあるまいし
許容範囲っちゃ範囲だし
そんなにこだわりあるわけでもないし
いち主婦が家で音楽聴くのに高いものなんか別にね~
とかなんとかこんとか言いながら
心のどこかで
音楽を聴く事は私の唯一の趣味じゃないか!
ちゃんと良いコンポ良いスピーカーで聴きたいって思いのどこが贅沢なんだ!
毎日辛抱して暮らしてきてるんだから
これくらいの贅沢は許されるべきなんじゃないか!
毎日の小さなストレスが大きなストレスに発展したら誰が責任取るんだ!
ここはどーんとなけなしの福沢ちゃんはたいて新しいコンポでも買ってみようか!
つってワーワーキャーキャー言ってたら
ここ最近ドンキのコンポ絶好調
あれ??
買い替えちゃる~!って言ってたの聞こえてたの?

いやその・・・ちゃんとスムーズに動いてくれるのなら
そこはほら
アタシだって鬼じゃない
別に今のままでもかまわなくてよ
しかしなんだ
ちゃんと仕事ができるなら
何故さぼってた?
気を揺るめちゃいかんよキミ
キミの変わりはいくらでもいるんだ
お母さんどうせ新しいのなんか買えないんでしょ
な~んて高をくくってもらっては困るのだよ
キミの首を切るくらいいとも簡単なんだぞ

なんてコンポ君と心の中で会話をしているアタシってちょっと・・・

しかし電化製品ってこんな事がよくありますよね
うちね、ブルーレイ買った時に
「もうビデオデッキなんか使わないね~」って言ってたらビデオが即効壊れたんすよね
ビデオテープからDVDに移そうと思ってたからかなりショックですた

あ~家電怖い怖い
[PR]

by usaginokuniy | 2011-12-06 22:45 | 音楽

新世界

Populus Populus

UNISON SQUARE GARDEN / トイズファクトリー


ユニゾンちゃん

元気だな
若い娘は夢中になるんだろな
アタシから見たらまだまだ青いぜ(笑)

真昼のストレンジランド

GRAPEVINE / ポニーキャニオン


バインちゃん

これはいいな
とても心地良いですぞ
前作がなんだかフワッとした印象だったので
近作はなかなか良い仕事をしているのではないでしょか

STRAIGHTENER

ストレイテナー / EMIミュージックジャパン


テナーちゃん

セルフタイトルをつけやがりましたか
これがテナーだー!!って感じでしょうか
うんうん
とてもテナーっぽいです
難しい事考えないで素直に音に従う(^^)

しかしあれですな
こうやってテナーをCDで聴いてると
格好いいわ~とは思うけど
ドキドキはしないんですよね
ライブで観るともうどうしよ~ってくらいに
ドキドキさせてくれるんですけどね
ホリエくんのあの声の伸びと声量
ひなっちの魅力的なベース
圧倒されるんですけどね
不思議不思議~(^^;

NEW WORLD

FoZZtone / バウンディ


そんでフォズちゃん

これすごいね
縦横無尽に物語を駆け巡る音
解き放たれましたな
3Dですな
まさに新世界
伸び伸びと自由度が増して
随所随所のギターフレーズも
「うわ~(*^o^*)」ってなっちゃう
彼らのこだわりが強い部分がしっかりと出て
変に日和って聴きやすい音楽作るより
ガンドンスドン!と大変清清しい

私このアルバム大好きであります(^^)
[PR]

by usaginokuniy | 2011-09-13 16:19 | 音楽