心が痛くなる本

f0132565_10585985.jpg

「きみの友達」 重松清さん

もうね、痛い。
誰にも言いたくない見せたくない自分でもそこには触れたくない心の奥の奥の隠してた部分をこれでもかってくらいつついてくる。
痛くて痛くてかなわない。
読んでて「どうして?私重松さんとそこまで仲良くないよね。どうしてズカズカと見せたくない所まではいってくるのさ?」なんて思いながら読みました。

なるべく考えないようにしているドロドロとした感情。
ひどく弱く情けない心。
人の不幸を喜びそうになってしまう感情。
それを他人に悟られないようにごまかすことが上手くなってる自分。
それにさえ気づかぬようにみんなおんなじだよって
たいしたこと無いって思い込もうとする自分。

数え切れないほどの心の奥の秘密の部分が
あまりにもリアルな文章で淡々と綴られている。

イタタタタ~~~~。

内容は子供たちのことなんだけどね。
自分のこと書かれてるみたいで辛かったっす。
大人でも正面からこれ読むと辛いのに
リアルタイムの子供たちはどうなんだろ?
救われるかな?
ほっといて!って強がるかな。
そんなに悩んでないよってあっけらかんとするかな?

友達なんて一人でいいと思うけど
その一人に出会うことって難しい。
たぶん子供の時は分からないと思う。
ずっと後になってもしかしたら死ぬ時に
「あ~・・・あの人と出会って幸せだったな。」って心の中で思うのかも知れない。


ダメ出しの感想・・・・
恵美ちゃんはかっこいい。すごく強い。
ブンちゃんはなんだかんだ言ってもかっこいいし勉強もできるしヒーローじゃん。
やっぱずるいよ。あんた達!
「きみ・・・」って呼びかけるこの目線は誰なのかと思ってよんでたけど最後の章でなるほどねと思いました。でも最後の章は余計だったんじゃないの?重松さん。なんかちょっとあざとい印象が残ったよ(偉そうに)
ほらね、私なんてこんな事思ってしまう恵美ちゃんから見たら「情けないな~人は人じゃん」て言われるであろうひがみ根性山盛りな奴です(ーー

yasukoちゃん、重松さんを教えてくれてありがとう。

あ、「償い」はまだ読んでません。なんとなく買ったけど面白いのかな~。
[PR]

by usaginokuniy | 2008-08-03 11:35 |