制約のない世界

f0132565_9382447.jpg

自分のやりたい事だけやって生きるのは難しい。
そんなことが許されるのは赤ちゃんくらいで、幼稚園くらいになるとお友達を叩いちゃいけません、おもちゃは貸してあげましょう、ご飯の前におやつはダメ。

学校の行けば先生のお話聞くときはおしゃべりしちゃいけません、勉強しなきゃ将来困ります、学力も大事だけどお友達と上手に付き合うのも大事、仲間はずれをしないように、仲間はずれにならないように。
運動が得意だともっといいですね。
f0132565_9435659.jpg

大人になれば生活のためやりたくもない仕事をせっせとこなし、結婚したら家庭のために働き家族のために家事をこなす。いろんな制約の中で少しの自由を探しながら生きている。
いつになったら自分のためだけに生きることが出来るんだろう。
もっとずうずうしく自分を主張したら楽に生きられるのか。
でも赤ちゃんの時のようには誰も受け止めてはくれないだろうな。
f0132565_9495424.jpg

いいなこいつ。赤ちゃんでもないくせにこんなずうずうしい場所をずうずうしい態度で独占して文句も言われないなんて。
ってなこと思った朝。

別に私が今の暮らしに不満や疑問を持ってるわけじゃないですよ。
ただちびっこの自由な行動見てたら人間はいろんなものに縛られて悩みながら生きている人たくさんいるのに、猫って奴はなんてずうずうしくて、それなのに愛されててずるいな~って思ったわけです。
[PR]

by usaginokuniy | 2008-04-10 10:03 | 日常