RSR 2013 

やべーやべーもう9月じゃないですか
北海道めっきり秋めいてきちゃってちょっと肌寒いくらいっすよ
でもこれ位が一番好きざんす

って季節の挨拶はどうでもよくて
8月に行ったRSRの事書いとかないばですよ(^^;

f0132565_10533697.jpg

ドーンとメインのサンステージ
今年も金曜日だけ参加

今年のRSRはお空もどんよりだし
気温も湿度も高くていつ雨が降り出してもおかしくない感じ
カッパはもちろん用意してるけど
なるべく降らないでもらいたいと願いながら
最初に観るはクリープハイプ
サンステから遠いアーステントへいざ参らん!
ってアースに着いたら中はもちろんテントの回りにもすんごい人でちょっと怯みますた
そんでも後ろのほうから人の頭越しになんとか参加

このバンドはうちの長男が大好きで初期の頃から聴いてはいたんですけど
とにかく激しく刺激的でそれでいて文学的で
なんとも面白い子達なのであります

イノチミジカシコイセヨオトメから始まり
愛の標識、あ、オレンジ
お休み泣き声さよなら歌姫
ほらタイトルからして文学的(笑)
そんでHE IS MINEでの「セックスしよう!」ってちょっと奥さんびっくりよね
みんな叫ぶんだから
会場全員で「セックスしよう!!」って叫ぶんだから
久しぶりに見たわこんなあっけらかんとセックスしようなんてセリフ
東京ラブストーリー以来だわつってね
社会の窓での尾崎くんが放つ捨て台詞の「余計なお世話だよ」にもやられます
あれは荒井注の「なんだバカ野郎」に匹敵するわ
って例えが全て昭和すぎてすみません えへ
とにかく尾崎世界観すごいと思います
名前もすごいと思います(笑)

クリーハイプ観て次はサンステで細美さん♪

始まる前のリハでは三曲もやってくれました
ほぼフルで三曲(^^)
「my name is luka」
「stand by me]
「souls feat,jamie blake」
すんげ~得した気分だよね

本編は The Flareから Monkeys やら
もう最初から上げていく細美さん
フェスならではのセトリで楽しいざます
Insomniaで叫びペテルギウスや紺碧の夜にで飛び
大変素晴らしいステージでありました
あ、新曲もやってたよ(^^)

細美さんはThe hiatusの活動ではいろんな事を試し冒険もし
時には分かりづらい不協和音的な音(私は好き)にのめり込んで
自由に音を作ってきましたが
それによって賛否両論もあったように思いますが
結果着実に良い方向にシフトチェンジしてきたのではないかしら
なんたって本人がとても良いお顔でライブしてますもんね

んな事思いながら次はアースに戻ってピロざます
しかしRSRの会場はサンステとアーステントの往復だけで息があがる
おばちゃんだからってせいだけじゃないの
とても広くて遠いの(><)

f0132565_13473155.jpg

ピロ前の空
どうよこのどんより加減
今にもこの黒く分厚い雲から雨が降ってきそうだよね(><)

そんな中始まります the pillows
この世の果てまでか~ら~の~サードアイ
サードアイか~ら~の~アナザーモーニング(^^)
とにかくピロの楽しさは間違いない
Little Busters にFanny Bunny
どの曲も会場全体で大合唱だもんね
ハイブリットレインボウに至ってはさわおさん唄わないもんね(笑)

結構体疲れてたんだけど
もうpillowsのライブは自然と体が動いちゃうっす

ピロ終わってレッドエリアでご飯食べたんだけど
これまた遠かったな~
そんで暗い!延々と続くテントの脇を歩いたので迷子になるかと思ったっぺ
へとへとでたどり着いて姉と一緒に大橋トリオをBGMにご飯食べて
サンステのシートに戻ってまったりと休憩
ほんとは10時からのnothings観たかったんですけどね
一度サンステに戻ったらもう二度と行く気にはならない位レッドエリアは遠い
遠くて霞んじゃう位おばちゃんには遠い・・・しくしく・・・
遠いばかりじゃなくてシャトルバスの時間の兼ね合いもあって断念したんですけどね
ま、彼等には今月会いにいくからいいの
ちゃんとチケット確保してるから大丈夫なの・・・うふふ・・・

そんなこんなで結局雨には降られず十分に楽しんできました
雨は次の日の朝方降ったようですね
金曜日は結構土が舞っていたので少し降ってくれて快適になったんじゃないかしら
年々小さなお子様連れが多くなっているようなRSR
あんまり無理させないで楽しんでね・・とおばちゃんは思いました
クリープハイプの時には貧血脱水でふっらふらな女の子もいましたよ
おばちゃんも無理しちゃダメだな~と思った今年のRSRでありました
だってあんなに歩けね~よ
普段から体鍛えてないと厳しいよね  よぼよぼ・・・
[PR]

by usaginokuniy | 2013-09-03 12:08 | 音楽