新年早々ぷーにゃんの恐怖体験

正月気分も抜け切らぬ1月7日
我が家のぷーちゃんが突然頻尿猫に・・・

オシッコは出てるんですよ
出して出してもう何も残ってないのに更に出そうとトイレでふんばる
長ーい事頑張っても出るのはスズメの涙ほどのオシッコ
そりゃそうだもう出し尽くしてるんだもの
それでもぷーちゃんのおトイレ参りは続きます
何度も何度も何度もトイレに通うその姿はあまりに不憫
お百度参りか?何か願掛けでもしとるんか?つーくらい(~~
こりは大変だつって昨日病院に連れていきました

病院行って先生にあーでこーでと説明して
「まずエコーで膀胱にオシッコが溜まってるかどうか診てみましょう」つって
オシッコが溜まっているという事はオシッコが出ていないという事で
それは即ち生死に関わる緊急事態って事で
まずはまずはその確認が先決らしいっす
んでぷーちゃんクルっとひっくり返されて仰向けに
頭と手はうちのおっさんが押さえ
両足は看護師さんがグッと押さえ
ぷーちゃんまな板の上の猫状態
「ちょっと毛を剃らせてもらいますね~」
先生の手にはバリカンが
うわ、ぷーちゃんこれ大丈夫か??暴れるんじゃないかしら??
ぷーちゃんは掃除機とかドライヤーとか大嫌いだからな~(><)
ウィーンつって下腹部の毛をジョリっとね
思いのほかぷーちゃんはピクっとも動かない
動かないどころか泣きもしない
ツルっと剃られた下腹部にエコーが診やすくなるように冷たいゼリーがドロッと垂らされる
それでもぷーちゃん動かない
あぁうちのぷーちゃんさすがだ堂々としたもんだ
動かず騒がず爪も出さず噛みもせずさすがだな~~と見てましたら
ガクガクブルブルと震え出しましたよ
もう漫画みたいに震え出しましたよ
すごいねほんとの恐怖を味わうとあんなになるのね
見てて可哀想で可哀想でぷーちゃんガンバレって思いながらも
何故だか可笑しくて可笑しくて・・・・
ぷ、ぷ、ぷ、ぷーちゃん震えてるよつって
震える前に泣けよ怒れよつって

エコー終わったら今度は肛門絞り
すごいネーミングだよね肛門を絞るんだよ(笑)
肛門のちょい横あたりに肛門腺ってのがあるらしく
匂い袋みたいなもんでしょうか
ここが詰まっても調子が悪くなる場合もあるのでついで出しときましょつって
先生ぷーちゃんの尻尾をギュっと持ち上げ
オケツの穴にティッシュを添えてムギュっとね
なんか出ました初めて見ました
あんなもんが出るのか
猫ってスゲーなってか犬もか?

ま結局のところ膀胱には全くオシッコ残ってない様子なので
単なる膀胱炎でありましょうって事でした
石が詰まってるとかじゃなくて良かったです
抗生剤で様子見て良くならなかったら薬変えるそうです
原因は様々あるようですがやっぱり寒くなると膀胱炎になる子が多いみたいですね
あとはぷーちゃんって一日に一回大量にオシッコするパターンが多いんだけど
だからトイレにはものすごい大きなオシッコ玉がゴロンと出来るんだけど
あんまり膀胱にオシッコ溜め込むのも良くないみたいですね
尿が膀胱にいつまでも留まってると膀胱の中で菌が繁殖しやすくなるらしいです
ほんとは一日数回に分けて出した方がいいんだろうけど
「オシッコ行きなさい」つったって通じないしな~

昨夜くらいからおトイレ通いの頻度は徐々に少なくなってきました
でもまだまだ元通りには程遠いって感じ
薬は嫌がらず飲んでくれてますから数日中には治ってくれると思います
でもちょっと困った事にトイレの後にお尻をズリズリとしちゃうんですよ
きっとオチンチンやお尻あたりがむず痒いんだろうと思います
私も膀胱炎になった事あるから分かります
なんかオシッコした後むずむず変な感じなんだよね
でもなるべくそのお尻ズリ歩きは止めてもらえないもんだべか
f0132565_12112525.jpg

茫然自失 何も考えたくないご様子

心臓飛び出すくらい恐ろしかったんだろうと思うと可笑しくて可哀想で
震えてるぷーちゃんの姿を思い出すと笑い涙がこみ上げてくるのであります
[PR]

by usaginokuniy | 2013-01-09 12:16 | 日常