オニィには驚かされますたの巻~

昨日はね
ライブ行ってきたんですよ
Nothing's Carved In Stoneのライブですよ
村松くんの声が好きでねぇ
次男を無理やり誘って
札幌ペニーレーン24までスタコラサッサとね(^^)

チケット完売にもなってなかったんで
どうなのかしらって思ってたんですけど
始まってみたらお客さんわらわらと入って
けっこう一杯でしたね
でもまだ入れただろうに来なかった人はもったいない事しましたよ
とても良いライブでしたからね(^^b

一曲目は新しいアルバム一発目の
Chaotic imaginationだったかな
もう最初からダイブがすごくてね
村松くんがどの曲でもサビの前あたりになると
あちこち指さして
「ほらほらいくぞ~そこもここも用意はいいか?」的に
合図みたいな視線を送るんですよ
んでさびに入ったと同時にダイブ~~みたいな(笑)
男の子から女の子までごろんごろんと

私は真ん中らへんの端で見てたんですけど
ダイブ終えた若者が私の横を走って戻って
またダイブみたいな
見てると面白かったですよ
みんないい顔してるんだ
私は心の中で
「お帰り~いってらっしゃ~い」って(笑)

大好きなnovember 15thやらDiachronicやら
sunday morningなんちゃらも聴けたし
ツアータイトルが新しいアルバムのタイトルになってはいるけど
前作からもかなりやってくれて良かったです
Isolationなんかイントロだけでご飯が何杯でもいける感じだもんね
おおむね前作のほうが特徴のあるイントロだったりフレーズだったりで
印象が強い感じがしますね
あ、中盤に「バラ色の日々」やりました
ちょっと得した気分
これやってくれるとは思わなかった
ひなっちのベース炸裂ですぜ

ダイブはんぱないしサークル出来上がってたりで
激しいんだけど危険な感じがしないライブでしたね
なんだかみんなみんなとてもハッピーな顔なんですよ
殺気立ってないの
ピースフルな雰囲気なんですよ
私みたいなのが参加してても違和感ないの
受け入れてくれる感じがすごくして
想像以上に楽しいライブでした

このピースフルな印象はなんなんでしょね
このバンド4人から出てくるものなのかしら
彼らの作る楽曲たちも
とても良く出来たメロディラインを持ってくるもんね
4人で作ってる風だけど
誰がリードしてるのかしらねぇ?
やっぱうぶちゃんかしらねぇ?
乗りやすいけど軽すぎず重すぎず
ちゃんと独特の魅力も持ち合わせ
攻撃的なようで懐が深い
ちょ~どええんだな
私くらいなおばちゃんでもちょ~どええ(笑)
いや、ライブで聴くとね
ほんとにちょうどいいバランスなんですよ
疲れないの・・・・ってこれはおばちゃん故の感想だな(^^;
ま、実際はそうとう足腰ギクシャクしちゃってますけどね

こんな感じでいい具合なライブでした
うぶちゃんは案外まじめにギターを弾くし
村松くんは曲が進むごとに声がちょ~っとかすれてはくるんだけど
それでもよく声が出るんだな
かすれたかなって思ってもそれを上回って声が伸びてくる
彼はいいノドを持ってますな~
ひなっちは・・・
あいつはいつかムチ打ちになると思う
絶対なると思う!

そしてドラムのオニィがね
なんとわが街の出身者ってことが判明!
mcでオニィは北海道なんだよなって話になって
出身は?ってうぶちゃんが振ったら
この街でしたよ
札幌にも住んでたらしいですけど
生まれはこの街みたいな話でした
もうワタクシ
「私も~~~~!」って叫びたかったっす(笑)
オニィ家族が二階席にいらしてました
お姉さんがノリノリでした(^^)
うぶちゃんがオニィのお父さんやお姉さんの職業を
ピンポイントでばらしちゃって
それが案外特殊な職業でして
いいのかおい?とも思いましたです
しっかしドラムのオニィは
完全にノーマークだったので驚きましたねぇ
上手なドラムさんだな~とは思ってましたが
この街出身とはね~
ってそんなとこばっかり強く印象に残っちゃった(^^;;

あとは前日に旭山動物園に行って来た話もしてたな
白熊がひなっちそっくりだったって
みんなから「くまっち~」って声かけられてましたよ
最近のブログやらツイッター見てたら
ひなっち痩せたかななんて思ってたんですけど
そうでもなくて安心しました(笑)

hiatusに比べると(比べなくてもいいんだけど・・)
男子率高いですね
私くらいな年齢・・・いやいや私よりはずっとお若いとは思うけど
年齢高めの方もちらほらといて
幅広いな~と思いましたです

うんうん今思い返してもほんと良いライブに参加させていただいて
有難い一夜となりました(*^^*)
[PR]

by usaginokuniy | 2010-09-21 11:31 | 音楽