ANOMALY

ほいほ~いっと札幌から帰ってきましたよ
元気な細美さん見てきましたよ~
開演6時にはほぼびっしりと埋まったZEPP SAPPOROでございます
私は後ろのほう
後ろまでけっこうな人です

今回ゲストバンドはthe band apartさんとやら
RSRにもよく来てますよね
彼らの音楽はなんでしょ
フュージョン系なんでしょうか
けっこう乗れる良いバンドだと思いますが
なんだか長くてね(^^;
一曲一曲が長いんですよ
最初乗ってたんですけどだんだん飽きてきたワタクシ
ベースのムチムチした野郎が目に付いちゃって
完全にボーカル食い気味の
謎の笑顔と無駄に機敏な動きにイラっとね(笑)
こっちは慢性腰痛持ちなんだから
さっさと細美さん出せ~~ってなもんですわ エヘ


んでムチデブと機材交換の1時間強の間に
程よく腰をやられ会場も温まり
待ってました The Hiatus

いきなりのThe Ivyでhiatusの世界に持っていかれます
Talking Reptiles
Stome Racersと疾走
My Own Worst Enemyもやったかな

私の記憶では序盤に
Ghost In The Rainをやったような気がするんですけど
mixiやらの書き込み見てると
最後のアンコールにこの曲をやったという書き込みが多いですね
私の勘違いかな~~
でもこの曲の最後終わりっぽくて終わらない部分で
拍手歓声が上がって、
あ~そうだった、まだ終わってなかったんだ
やっちゃった(^^;って思ったんですよね
だから印象に残ってるんだけどな
てっきり最後のアンコールはLone Train Runningだと思ったんだけどな
記憶って曖昧ね~~(~~

こんな曖昧なワタクシのライブレポですから
読むほうも曖昧な気持ちで読んでくださいね~

んで紺碧の夜にやらMonkeysやらでテンション上がって
Walking Like A Man
Notes of Remenbrance
Twisted Maple Trees
(この3曲続けて演奏したわけじゃありませんよ、念のため)
これらのディープな曲のとき
細美さん鍵盤みたいなのをいじりながらのボーカルで
最初鍵盤みたいじゃなくて鍵盤だと思ったんですよ
なんか弾いてる~って
ZEPPの後ろの一段上がったとこから見てたんでね
でもあれってボーカルの音を変える奴だと思いますね
自分の声にガンガンエコーやらディレイやらかけまくってましたね
もうねこれらの曲の盛り上げ方がすごいの
不協和音になりかねない
ってか不協和音だなあれは(笑)
シュールなエキセントリックな舞台を見てるみたいですよ
いや、それが紙一重で格好いいの

細美さんの中で流行ってるんだろな
こういうちょっと異空間にトリップするみたいなのが
マイ旬なんだろなと思いますです

mcはあまり多く語らず唄いまくってました
スローな幻想的なものはさらにディープな世界に持っていき
テンポの速い曲は更に速くです
どんだけ速くするんだ?って思うくらい速かったような気がするな~
DoomやCentipedeなんてあっという間に終わっちゃったよ
ってかDoomは元から短い曲だよね(笑)

この人のライブって細美さんも会場に唄えって促すけど
お客さんもまた唄うんだよね~
InsomniaしかりLone Trainしかり
会場一体型ライブだね
相変わらずうれしそうなホソミンでした
少ないmcの中で
「唄っててよかった~~~ほんっと唄っててよかった~~~」
って心底正直な声で言ってましたよ
あとアンコールのとき
「これ言ったら後からメンバーに臭いって言われるんだよな~~
止めとこっかな~~。
でも言っとこう・・・
欲しいものは一つなんだよ
みんなの心が欲しい!」
みたいな事照れながら言ってました
かわいいね

あ、着てた服がチェックのシャツで意外な感じ
細美さんってラグランかTシャツ系のイメージがあったもんで

照明が暗い中で赤のスポットを下から照らす感じだったり
真っ暗でフラッシュみたいに点滅するのだったり
全体的にちょっと暗い照明でした
アルバムのコンセプトでしょうか
悲しさの中の再生って感じのアルバムでしたもんね
ま、それに反して細美さんは終始楽しげでしたけどね

アンコール2回で
二枚のアルバムの曲ほとんどやってくれたんじゃないかな
堕天とLittle Odysseyはやらなかったな
ユニコーンは・・・どうだったかな
20曲弱ってとこでしょうか
ま、このワタクシにセトリを求めるのが土台無理な話だわね

って事で
髪の伸びた細美さんと過ごした楽しい夏の夜でした(^^)
[PR]

by usaginokuniy | 2010-07-12 15:13 | 音楽