男って・・・

赤い指 (講談社文庫)

東野 圭吾 / 講談社



内容はね~なんじゃ?このバカ家族は?って感じ(笑)
バカな親が必死でバカ息子をかばうのです
悲惨ですがな
バカなお話ですが無さそうでありそうなお話
こんな旦那さんは多いような気もします
家庭のことや子育てや親の介護
気になりつつも仕事に逃げざるおえない状況はどこの家庭でもあるだろうな
そこを責める気にもなりません
バカでも一生懸命働いてたらいいじゃないのさ
ここは奥さんがもっとしっかりしましょうよ
あれ私男に甘いかしら??(^^;;
とにかく奥さんとしてもダメだし母親としてもダメだな~とね
あ、お義母さんもちょっといただけない

私は極端に言えば
男って目先の事しか見えない動物だと思ってるとこあって
心の中では馬鹿にしてるんですよ 申し訳ないけどね
なんか女はこうしたら嬉しいんだべ的な態度もムカつくし
嬉しい顔したら単純な男が満足気な顔するから
喜んであげてるだけですよ
物事生活を長いスパンで見られない
見ているふりは上手いけどそんなんで私はごまかされませんよ
す~ぐ見破ってやります
あらなんか私って嫌な奥さん(笑)

私の個人的な男を見る目はどうでもいいんですが
東野さんはどんなお話でもサクッと読めて面白いです
回りくどくなくドンドンページが進んで行くので
読み終わった後が気持ちいいです
何日も苦労して読むと疲れてきて
やっと読んだって気持ちだけが残って内容が頭に残らずって事も多いんで

次は奥田さんの「最悪」を読む予定(^^)
[PR]

by usaginokuniy | 2009-10-15 10:01 |